Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

16歳でピアノを始める?! 中二病より遅いぞ! / ヤロン・ヘルマン

Yaron Herman Trio / A Time for Everything / 2007年
ヤロン・ヘルマン・トリオ / ア・タイム・フォー・エブリシング / No,1309f:id:kingt4nikola:20191105072035j:plain

また、ちょっと変わったピアニストを見つけた。
このひともイスラエル勢、1981年生まれヤロン・ヘルマン。

経歴が、また変わっている。

 

1981年、イスラエル生まれ。学生時代はバスケットボール選手として活躍するが、ケガをきっかけに16歳でピアノを始める。19歳でバークリー音楽大学で学ぶためボストンに渡るも、2ヵ月で中退。その帰国途中、パリのジャズ・クラブでの飛び入り演奏が話題となり、そのままパリが活動拠点に。2009年、アルバム『ヤロン・ヘルマン・デビュー』で日本デビュー。キース・ジャレットやブラッド・メルドーらの流れを汲んだプレイで人気を博す。

 16歳でピアノ初めて、3年後にバークリー留学するまでになるものか ?!
それにしても、なんか自由だ。

それはさておき、そんなヤロン・ヘルマン、2006年にデビューして、このアルバムは2枚目、トリオを組んでのレコーディング。

ピアノ・トリオで、いきなりの電子音、斬新。
ビョーク、スティング、ブリトニー・スピアーズなども取り入れ、ポップなフレーズを微妙に入れたり、クラシカルな雰囲気が随分漂う。

ちょっとE.S.T.の匂いもする。E.S.T.  ↓

kingt4nikola.hatenablog.comそういう意味でヨーロッパのほうが肌にあっているのかもしれない。

いろんな要素を詰め込み過ぎかもてくらいアイデア豊富、びっくり箱のような多彩なアルバム。26歳ヤロン・ヘルマン楽しくてしょうがない時期なのかも。

ラストは、レナード・コーエンの名曲 “ hallelujah ”でサラッとしめて◎。

Piano – Yaron Herman
Bass – Matt Brewer
Drums – Gerald Cleaver


Hallelujah - Yaron Herman - Victoires du Jazz 2008

A Time for Everything

A Time for Everything

  • ヤロン・ヘルマン・トリオ
  • ジャズ
  • ¥1200
ア・タイム・フォー・エヴリシング

ア・タイム・フォー・エヴリシング

  • アーティスト: ヤロン・ヘルマン・トリオ,ヤロン・ヘルマン,マット・ブリューワー,ジェラルド・クリーヴァー
  • 出版社/メーカー: ビデオアーツ・ミュージック
  • 発売日: 2009/09/18
  • メディア: CD
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る