Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

ECMでのヴィジェイ・アイヤー・トリオは、ジャズ・メディテーションへの最適解だ。

Vijay Iyer Trio / Break Stuff / 2015年
ヴィジェイ・アイヤー・トリオ / ブレイク・スタッフ / No,1308f:id:kingt4nikola:20191104053916j:plain

月曜日の、ヴィジェイ・アイヤー。
きょうは、ECMに移っての2015年のアルバム。

 

ECMでやれるのか ?!、というのが、一番の心配事なんだけど無問題。
かえってECMらしい静けさが、プラス効果をあたえてくれている。

どのアルバムでも、ヴィジェイ・アイヤー・トリオを聴くという行為は、
オイラにとって真剣勝負というか、それを通り越してある種のメディテーション的行為だと思ってるんだけど、今回のやや抑えた語り口、ECMらしい間というか音空間は、まさしく最適なメディテーションをオイラにあたえてくれる。

デトロイト・テクノのパイオニアRobert Hoodへのトリビュート4曲目 “ Hood ” かっこよし、そして珍しく(?!)4ビートの5曲目モンクの “ Work ” おもしろい。

タイトル・チューン“ Break Stuff ” のピアノも心地良いし、マーカス・ギルモアのドラムが暴れるコルトレーンの “ Countdown ” が、やはり一番気持ちいいかな。

Piano – Vijay Iyer
Bass – Stephan Crump
Drums – Marcus Gilmore

↓  13:20 あたりから“ Hood ” 、アコスティック・テクノだ!


Vijay Iyer Trio: NPR Music Tiny Desk Concert


VIJAY IYER TRIO: Break Stuff (Album EPK)

Break Stuff

Break Stuff

  • ヴィジェイ・アイヤー・トリオ
  • ジャズ
  • ¥1600
Break Stuff

Break Stuff