Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

ティルタとは、サンスクリット語で “ 聖なる水 ” / 月曜日のヴィジェイ・アイヤー

Vijay Iyer With Prasanna & Nitin Mitta / Tirtha / 2011年
ヴィジェイ・アイヤーWithプラサナ&ニティン・ミッタ / ティルタ / No,1287

f:id:kingt4nikola:20191013081051j:plain

月曜日のヴィジェイ・アイヤー、本日は2011年の異色作。

インド人ギタリスト プラサナとタブラ奏者ニティン・ミッタを率いての
自らのルーツに迫る作品。

 

出だしから、シタールの音かと思うようなプラサナのギターで、
オリエンテッドな空気が漂う。

よく考えると生ピアノとタブラ、そこにギターが絡む組み合わせというのは、
あまり聴いたことがない。
のっけからの斬新な響きに引き込まれる。

しかし、そんなエスニックな空気以上に興味深いのは、
3人のインタープレイ。

いつになくバッキングに回ってソロ&激しさ低めのヴィジェイだけど、
彼のピアノにだけインドを感じない。
なにかハイブリッドなものが生み出されてゆく感覚がスリリングだ。

プラサナの炎あるいは水のように常に揺れ動くギターと
アイヤーの構築的で硬質なピアノの対比が飽きさせない。

あとプラサナの曲が4曲と約半分あって、
いつものアイヤー節ではないところも新鮮。

アルバムを通して続く緊張感、楽しめるというか浸れる一枚だ。

ラスト曲のタイトルは “ エントロピーと時間 ” 。

Piano – Vijay Iyer
Guitar, Voice – Prasanna
Tabla – Nitin Mitta


Vijay Iyer, Prasanna, Nitin Mitta - Tirtha (Banlieues Bleues 2011-II)


Vijay Iyer with Prasanna & Nitin Mitta - Entropy and Time

Tirtha

Tirtha

  • ヴィジェイ・アイヤー, Prasanna & Nitin Mitta
  • ジャズ
  • ¥1650
Tirtha - Vijay Iyer by Vijay Ijer (2011-03-08)

Tirtha - Vijay Iyer by Vijay Ijer (2011-03-08)