Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

祝来鹿!テイラー・アイグスティ様。鹿児島ジャズフェスティバル2019 特集 Vol.002

Kendrick Scott Oracle  / Conviction / 2013年
ケンドリック・スコット・オラクル  / コンヴィクション / No,1213f:id:kingt4nikola:20190801235813j:plain

テイラー・アイグスティを追いかけるよ。
ケンドリック・スコット・オラクル 2013年の “ コンヴィクション ” 。

 “ ケンドリック・スコット・オラクル ” は、
ドラマー、ケンドリック・スコットのユニット名。
つまりは、テイラー・アイグスティはユニット・メンバーということになる。

 

1曲目は、聖書の一節の朗読で始まる。
“ コンヴィクション ” =“ 信念 ” 。
ケンドリック・スコットは、誠実、マジメなヒトなのだ。

自身の曲が3曲、サンダースとの共作が1曲、アラン・ハンプトンとの共作が1曲。
あとは、ハンコックやデリック・ホッジ、ウォルター・スミスIIIなど。

全体の雰囲気として彩り豊かで、知的で、グッド・センス。
コンテンポラリーなんだけど、小難しさに走らない。
意外とポップな一面もあったり、アレンジ多彩で、都会的。

正直、じつに使える一枚だ。
ハラハラどきどき、あるいは狂おしい熱さはないけど、
ユニットとしての熟成度、完成度は高く、いい感じ。
曲間も、丁寧に、滑らかに繋がれていて好感度120%。

ドラムとのバランスもいいし、
ギターのマイク・モレノとテイラー・アイグスティの役割は大きい。

Drums, Composer, Voice, Synth, Arranged By – Kendrick Scott
Bass – Joe Sanders
Guitar – Mike Moreno
Lead Vocals, Guitar – Alan Hampton
Piano – Taylor Eigsti
Tenor Saxophone, Bass Clarinet – John Ellis


Kendrick Scott ''Too Much''

Conviction

Conviction

  • ケンドリック・スコット・オラクル
  • ジャズ
  • ¥1400
Conviction

Conviction