Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

「このアルバムをドラム奏者達に捧げる」 デイヴ・リーブマンのリズム賛歌!

Dave Liebman / Drum Ode / 1975年
デイヴ・リーブマン / ドラム・オード / No,1188f:id:kingt4nikola:20190707201943j:plain

さて月曜日、1975年のアルバム。
基本、今のジャズを扱うこのブログだけど、
オイラにとって新鮮なアルバムなんで、これ。

このアルバムは、じつはギターのジョン・アバークロンビーを
掘っていて見つけたアルバム。

 

1975年といえばデイヴ・リーブマン、マイルス・バンド在籍時に
制作したアルバムということになる。
さすがマイルスのお眼鏡にかなったサックス奏者。

かっこいい。
そしてエレクトリック・マイルスより分かりやすい。
リズムが前面に出ていてノリノリ、聴きどころも満載だ。

まず出色の2曲目、ここでのアバークロンビーのカッティング。
あの、フワフワ捉えどころのないアバークロンビーではない。

デイヴ・リーブマンの野太いテナー&うつくしいソプラノ、
さらにアルトにフルートまで楽曲によって使い分ける多彩さ。

カラダを自然と動かすようなリッチー・バイラークのエレピ。
そして、もちろんタブラなどパーカッションの効果的な配置。

5曲目のコルトレーンへのオマージュ。
いや〜なんとも素敵なアルバム。

 “ ドラム賛歌 ” とは言え、
激しいだけのリズムの洪水でもなく、
どちらかというと、静かな一枚。

それぞれの音は、ほんと70年代を彷彿させる音なんだけど、
現代のジャズの萌芽はすでにここら辺にあったんだな、
ということを強く感じさせてくれる。

Soprano, Tenor, Alto Flute – Dave Liebman
Bass – Gene Perla
Bongos, Percussion – Ray Armando
Congas, Congas – Patato Valdez
Drums – Bob Moses
Drums – Jeff Williams
Guitar – John Abercrombie
Piano – Richie Beirach
Percussion – Barry Altschul
Percussion – Steve Sattan
Tabla – Badal Roy
Tabla – Collin Walcott
Vocals – Eleana Steinberg

Drum Ode

Drum Ode

  • デイヴ・リーブマン
  • ジャズ
  • ¥1600

 なんだ、このジャケ ↓ 。

ドラム・オード

ドラム・オード

  • アーティスト: デイブ・リーブマン,リッチー・バイラーク,パタート・バルデス,ジーン・パーラ,ジョン・アバークロンビー,バーダル・ロイ,コリン・ウォルコット,ジェフ・ウィリアムズ,ボブ・モーゼズ,レイ・アーマンド
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1999/10/01
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (2件) を見る