Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

世界の三大カーニバルは、リオ、ヴェネツィア、そしてエティエンヌの故郷のトリニダード・カーニバルだ!

Etienne Charles / Carnival: The Sound of a People, Vol. 1 / 2019年
エティエンヌ・シャルル / カーニバル:ザ・サウンド・オブ・ア・ピープル Vol. 1 / No,1181

f:id:kingt4nikola:20190701070900j:plain
月曜日、エティエンヌ・シャルル再び!

ジャケット、タイトルにあるようにテーマはカーニバル。
だが、お祭り騒ぎな音楽ではない。

 

ちなみに ↓ トリニダート・カーニバルの様子を貼っときます。


TRINIDAD CARNIVAL 2019 TRENDING - BANNED VERSION


導入部、カーニバルのようなサンプリング音がミックスされ、
来た来た!と思うけど、そこの乗っかるメロディは意外とシリアス。

ラテンというか、カーニバルで打ち鳴らされるような
パーカッション、リズムが大胆に導入されてるけど、
その上に構築されるのはコンテンポラリーなジャズ。

いままでのエティエンヌ・シャルルの路線を踏襲しているけど、
いっそう精鋭的というか攻めてる感じ、かっこよし。

特におもしろいのは、6曲目から10曲目までが組曲になっていて、
それぞれ使われるパーカッション名のテーマになっているとこ。

リズム、それからパーカッションに注意して聴くと、
じつに豊かで楽しめるアルバムだ。

ジェームス・フランシーズやベン・ウィリアムスも参加。

trumpet - Etienne Charles
alto saxophone (1 – 7, 11, 12) - Brian Hogans
alto saxophone (4, 9) - Godwin Louis
tenor saxophone (2, 5, 6, 11) - David Sanchez
tenor saxophone (8, 10) - Jacques Schwarz-Bart
trombone (12) - Corey Wilcox
piano and Fender Rhodes (1, 3, 7, 12), Hammond organ (3, 12) - James Francies
Fender Rhodes (2, 5, 6, 11) and piano (5, 6) - Sullivan Fortner
Fender Rhodes (4, 9) - Christian Sands
guitar (1 – 7, 9, 11, 12 ) - Alex Wintz
bass (1, 3, 7, 12) - Ben Williams
bass (2, 5, 6, 11) - Luques Curtis
bass (4,9) - Jonathan Michel
bass (8) - Russell Hall
drums (1 – 7, 9, 11, 12) - Obed Calvaire
drums (10) - KJ Marcelle


Etienne Charles, Carnival: The Sound of A People at The Broad Stage!

Carnival: The Sound of a People, Vol. 1

Carnival: The Sound of a People, Vol. 1

  • Etienne Charles
  • ジャズ
  • ¥1500
Carnival: The Sound of a People, Vol. 1

Carnival: The Sound of a People, Vol. 1