Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

私の楽曲は、スウィングからファンク、ラテン、11 / 8、7 / 4に、流動的にモーフィングする。by ロビン・ユーバンクス

Robin Eubanks / Live: Vol. 1 / 2007年
ロビン・ユーバンクス / ライブ : Vol. 1 / No,1174f:id:kingt4nikola:20190623173417j:plain

さて月曜日、ロビン・ユーバンクスの紹介。
先週、クリス・ポッター繋がりのディヴ・ホランド・クインテット
の “ Prime Directive ” でトロンボーン吹きまくってた人。

kingt4nikola.hatenablog.com

 

ロビンは、1955年生まれ。
変拍子の難曲を笑顔でこなすホランド・チームの一員であり、
また、SF Jazz Collective のメンバーであることから、

kingt4nikola.hatenablog.com

そのテクニック、人間性含めたジャズマンとしての力量は、
折り紙付きのベテラン。
そんな彼の、自身のプロジェクトでのライブ盤がこれ。

これ、おもしろいよ〜! かなり新しいチャレンジに溢れたプレイ。
まず、トロンボーンにワウなどエフェクターかけまくり。
クレジットにあるエレクトリック・トロンボーンって何?
そして、
サンプラー、シーケンサー利用しての自身の音を重ねてのプレイ。
たった3人の演奏というのが理解しがたいサウンド。

ブルースにファンク、ラテンのフィーリングありながらも、
独自の世界を作りあげてる。

ジャケットに、CD & DVDって書いてあるけど、
いや〜このプレイ見てみたい、どうなってるの。

Trombone, Trombone [Electric], Loops, Percussion [Pads],
Bass [Keyboard] – Robin Eubanks
Drums, Bass [Keyboard] – Kenwood Dennard
Keyboards, Bass [Keyboard] – Orrin Evans


Pentacourse - Robin Eubanks and EB3

Live: Volume 1 (CD/DVD)

Live: Volume 1 (CD/DVD)

  • ロビン・ユーバンクス & EB3
  • ジャズ
  • ¥1500
Live: Vol. 1

Live: Vol. 1