Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

ビリー・キルソンのドラム、やばし!オイラの好きなドラマーのうしろには常にトニー・ウィリアムスが見え隠れする。

Dave Holland Quintet / Prime Directive / 1999年
ディヴ・ホランド・クインテット / プライム・ディレクティブ / No,1171

f:id:kingt4nikola:20190621062059j:plain

今日も、クリス・ポッター!

これは、1999年のディブ・ホランドのクインテット。
クインテットだけど、ピアノレス。

サックスにトロンボーン、そしてヴィブラフォンという布陣、おもしろい。
1曲目、最初の1音から「おおっ!かっこいい」なサウンド。

 

トロンボーンとサック、ベースのユニゾンにドラムのリムショットが絡む。
なんだかシンセベースでも使ってるような低音の響きに、いきなりゾクゾク。

ドラムのビリー・キルソンとトロンボーンのロビン・ユーバンクスの曲が
1曲ずつあってあとは、1曲のぞいてホランド作。
リズムも全編通して自由になってるし、変わりつつあるジャズが実感できる。
ディブ・ホランドやるな!て感じ。

ヴァイヴが入ってることもあり、全編都会的なサウンドだけど、
アフリカン(曲名も“ Jugglers Parade ” )な曲、ラテンな曲、
美しいバラード、なかなか変化に富んだ構成で聴かせる。

ホランドのぶっとい音も申し分ないし、
ビリー・キルソンのドラミングは、素晴らしい。
この人の参加アルバムも、追っかける価値あり。

ディブ・ホランドの曲作り、構築力が冴えるアルバム。

Bass – Dave Holland
Drums – Billy Kilson
Soprano, Alto, Tenor Saxophone – Chris Potter
Trombone, Cowbell – Robin Eubanks
Vibraphone, Marimba – Steve Nelson


Dave Holland Quintet Prime Directive NEA Jazz Masters Apr.3, 2017

Prime Directive

Prime Directive

  • ディヴ・ホランド・クインテット
  • ジャズ
  • ¥1600
Prime Directive

Prime Directive