Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

クリポタ、このあとデイブ・ホランド・バンドへ参加!

Chris Potter / Unspoken / 1997年
クリス・ポッター / Unspoken / No,1168

f:id:kingt4nikola:20190619061311j:plain

はい、きょうもクリポタ!

これは、1997年の作品。
ベースがデーブ・ホランド。
ドラム、ジャック・ディジョネット。
そしてギター、ジョン・スコフィールドという布陣。

 

徐々にその力も知れ渡り、
当時のクリス・ポッターとしては、大物と組んだアルバム、
ということになる。

見どころは、やはりジョン・スコとの絡み。
これまで、ピアノバック作品ばかりだったので、
その響きは、新鮮だ。

出だしムーディーに始まるが、徐々に変態性( ?!)も
発揮されてゆく。

楽しい。
やはり、ジョン・スコとのユニゾン。
そしてインプロの対比、絡み、2人の織りなす世界。

シンプルな構成なのに、飽きない。
次の展開、次の展開と追っかけて聴いていける。

これは、大好きなアルバム。
オイラ、やっぱギターが入るアルバムが好きなのかも。

Tenor,Soprano Saxophone – Chris Potter
Bass – Dave Holland
Drums – Jack DeJohnette
Guitar – John Scofield (tracks: 1, 2, 4 to 6, 8, 9)


Chris Potter / John Scofield "Amsterdam Blues"


Chris Potter / John Scofield "Unspoken"


Chris Potter / John Scofield "Seven Eleven"