Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

スティーリー・ダンの復活ライブ。ミイラ男は彼ら自身なのか ?!

Steely Dan / Alive In America / 1995年
スティーリー・ダン / アライブ・イン・アメリカ / No,1166

f:id:kingt4nikola:20190617062818j:plain

このアルバムが名盤だということに
異を唱える人はいないと思うけど、
なんでここで、スティーリー・ダン ?! だよね。

先日、ジョーイ・アレキサンダーの紹介で、
サックスのクリス・ポッターが登場したけど、
そういえば、現代サックスNo,1のオトコを
まだ、たった一枚しか取り上げていないと思いたった。

 

そんで、クリス・ポッターの第一弾がこれ。
おそらくオイラが聴いた初めてのクリス・ポッターがこれだから。
もちろん、当時クリス・ポッターのこと知らないで聴いてたワケだけど。

ポッターのアルバム・デビューは89年。
そして自身のリーダーアルバム・デビューが、92年。
95年は、まだ駆け出しと行っていいころだ。
さすが、スティーリー・ダン、その嗅覚もさすが。

ポッターは、ここではアルト・サックスをプレイしてる。
スティーリー・ダンの完璧な世界の一翼をしっかり担ってる。

オマケに、このアルバム、ドラムがデニス・チェンバース、
そして、ピーター・アースキン。
これまた、素晴らしい仕事ぶりに、あらためてため息。

スティーリー・ダンのアルバムは、
わが家のサウンドシステムで、
常にネクストバッターズ・サークルの位置に待機してる。
その中でも、このライブは “ 大谷 ” なみの存在と言ってもいい。

期待を裏切らない、確実な一枚だ。

☆ Steely Dan
Guitar, Vocals - Walter Becker
Vocals, Keyboads - Donald Fagen 

☆ Citizen Steely Dan Orchestra '94 (on track 1, 3, 4, 5, 7, 9, 10, 11)」
Bass - Tom Barney
Piano,Keyboads -Warren Bernhardt
Drums - Dennis Chambers
Guitar - Georg Wadenius
Vibes, Percussion - Bill Ware III 
Tenor Sax - Cornelius Bumpus
Tenor & Alto Sax - Chris Potter
Tenor & Soprano Sax - Bob Sheppard
Background Vocals - Diane Garisto
Background Vocals, Percussion - Catherine Russell
Background Vocals - Brenda White-King

☆ The All New Steely Dan Orchestra '93 (on track 2, 6, 8)
Bass - Tom Barney
Piano,Keyboads -Warren Bernhardt
Drums - Peter Erskine
Guitar - Drew Zingg
Vibes, Percussion - Bill Ware III 
Tenor Sax - Cornelius Bumpus
Tenor & Alto Sax - Chris Potter
Tenor & Soprano Sax - Bob Sheppard
Background Vocals - Diane Garisto
Background Vocals, Percussion - Catherine Russell
Background Vocals - Brenda White-King


Steely Dan - Reelin' in the Years - Alive in America


Steely Dan - Babylon Sisters - Alive in America

Alive In America

Alive In America

  • スティーリー・ダン
  • ポップ
  • ¥1600
Alive in America

Alive in America