Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

顔芸か!てくらい懸命な表情で叩くのが楽しいアリ・ホーニング!

Ari Hoenig / Bert's Playground /  2000年
アリ・ホーニング  /  バート・プレイグラウンド  /  No,1159
f:id:kingt4nikola:20190609110529j:plain

 ジョエル・フラーム以来、めずらしくメインストリームなところ走ってます。
ギラッド・ヘクセルマン繋がりで、
顔芸か!てくらい懸命な表情で叩くのが楽しいアリ・ホーニングのリーダー作。
(もっともヘクセルマンは2曲だけど)

 

なんかNYのライブハウスにまい込んだかのような(たぶん)雰囲気、
たのしめるよ。
もちろん、ドラマー主導な音ってのもオイラ的にありありだけど、
ホーニングの個性、リーダーシップに因るところは大きいかも。

ドラム好きにとっては、ホーニングの音を追っかけているだけで楽しいし、
お得意の、ドラムだけでメロディーを奏でるトーキング・ドラムを
“ Round Midnight ” で披露してておもしろい。

5曲は、ジョナサン・クライスバーグがギター弾いてて、
こちらもなかなか素晴らしい。
クリアで温かなサウンド、これぞジャズ・ギターなフレージング。
巧みなコードワークと、ピッキングのバランス。
ジャズ・ギターの教科書。

あと、サックスでクリス・ポッターが参戦してるのが大きいかな。
NYのライブの雰囲気をご自宅で。

Drums – Ari Hoenig
Alto Saxophone – Will Vinson (tracks: 3, 7)
Tenor Saxophone – Chris Potter (tracks: 1, 4, 9)
Bass – Matt Penman (tracks: 1, 3, 4, 7, 9 )
Bass – Orlando Le Fleming (tracks: 2, 6, 8, 10)
Guitar – Gilad Hekselman (tracks: 2, 10)
Guitar – Jonathan Kreisberg (tracks: 1, 3, 4, 6 to 9)


Ari Hoenig - Moment's Notice


Ari Hoenig Quartet w/ Chris Potter "Bert's Playground" Live at Smalls 2007

Bert's Playground

Bert's Playground

  • Ari Hoenig
  • ジャズ
  • ¥1500
Berts Playground

Berts Playground