Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

キース・ジャレット、ミシェル・ペトルチアニーを見いだしたオトコ、チャールス・ロイド。そしてブラッド・メルドー。 / 週末コンフォート

Charles Lloyd  /  The Water Is Wide  /  2000年
チャールス・ロイド  /  ザ・ウォーター・イズ・ワイド  /  No,1158

f:id:kingt4nikola:20190608213554j:plain

日曜日、今夜はこれにしよう。

静かに沁みるアルバム。
チャールス・ロイドのサックスが気持ちよく歌ってる。
そして、その音色の美しいこと。

 

ビリー・ヒギンズのブラシワークがまた、冴え渡る。
(リー・モーガンのサイドワインダー叩いたドラマーよ)

ピアノは、まだ駆け出しのブラッド・メルドー。
ギターにジョン・アバークロンビーと泣ける。

タイトルは、アイルランド民謡の “  The WaterIs Wide ” 悲しみの水辺。
そして、エリントンなどバラッド集。
心霊写真っぽいジャケット以外全てよし(出た!)、

ECMには、ちょっと近寄りがたさを感じてたオイラだけど、
やっぱ、いいものはいい。
数多くの名盤があるよね。 

Tenor Saxophone – Charles Lloyd
Bass – Larry Grenadier
Drums – Billy Higgins
Guitar – John Abercrombie
Piano – Brad Mehldau

The Water Is Wide

The Water Is Wide

  • チャールス・ロイド・クァルテット
  • ジャズ
  • ¥1600
The Water Is Wide

The Water Is Wide

  • アーティスト: Charles Lloyd,Brad Mehldau,John Abercrombie,Larry Grenadier,Darek Oles,Billy Higgins
  • 出版社/メーカー: Ecm Records
  • 発売日: 2000/08/22
  • メディア: CD
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る