Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

“ ブラッド・メルドー・問題作 ” でググったら、自分のブログが先頭2つに出て来てびっくり!

Brad Mehldau / Love Sublime / 2006年
ブラッド・メルドー & ルネ・フレミング / ラブ・サブライム / No,1147

f:id:kingt4nikola:20190528110101j:plain

昨日紹介の “  Finding Gabriel ” は、確実に問題作だと思うけど、
メルドー・ファンは、もう驚かなくなったよね。

それほど、本来のジャズを逸脱した領域への越境というか、
幅の広い探求、そしてレコーディングを繰り返すメルドー。

 

ま、このアルバムくらいからが、
最初の問題作というか、異色作というか話題作ではないだろうか。

メトロポリタン・オペラ最高のソプラノ・ソリスト、
ルネ・フレミングとの夢のコラボ、2006年の作品。

タイトルも “ 至高の愛 ” だ!
リルケやルイーズ・ボーガンの詩を引用。
タイトル曲だけ、メルドー夫人の作詞。

ぶっちゃけオイラ昨日、
年間でもっとも忙しい一日だったんス。
早朝から深夜近くまで大忙し。
昨日に向けてここ3ヶ月くらいは、ずっと準備を重ねてきたわけで。

ハッキリ言って、本日はぐったり。真っ白、虚脱状態。

正直なとこ今日は、こんな美しい音に包まれて、
一日中、フワフワなベットの中にいたい気分。

実際、昨日の後始末、議事録やら、届け出準備やらで、
本日もバタバタだと思うけど、

気分だけは、 “ 至高の愛 ”  に包まれて。

Piano, Music By – Brad Mehldau
Vocals – Renée Fleming
Words By – Fleurine (tracks: 11), Louise Bogan (tracks: 8 to 10), Rainer Maria Rilke (tracks: 1 to 7)


Brad Mehldau and Renée Fleming - Love Sublime


Brad Mehldau & Renée Fleming - Your first word was light

  

Love Sublime: Songs for Soprano and Piano

Love Sublime: Songs for Soprano and Piano

  • ブラッド・メルドー & ルネ・フレミング
  • クラシック
  • ¥1600
Love Sublime

Love Sublime