Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

これじゃ、 “ 僕の四畳半にペット持った宇宙人が降り立った ” じゃん。by オイラ

Theo Croker / Star People Nation / 2019年
セオ・クロッカー / スター・ピープル・ネーション / No,1140

f:id:kingt4nikola:20190521100918j:plain

なんじゃ、このジャケットは!前回、カッコよかったのに。
これじゃ、 “ 僕の四畳半にペット持った宇宙人が降り立った ” じゃん。

さて、気分を変えてセオ・クロッカー最新盤。
タイトルも “ 物理学者 ”  “ 宇宙速度 ” ときて、
“ スター・ピープル・ネーション ” 星人国家 ?!
ま、世界市民くらいの意味かな。

 

サウンドの方も成層圏突破!
1曲目出だしのソロ、ロングトーン&ドラムの絡みからゾクゾク。

メンバーは、おそらくだけど、
ベース、ドラム、サックス、キーボードの4人は、変わらない。
ゲストにピアノでELEW。
なんとエリック・ハーランドも一曲叩いてる!

ギターが今回抜けてるけど、
シンセやサンプラーで十分と言うことか。

相変わらず、ドラムのスネアやシンバルが、
ピアノやシンセとシンクロしたりばらけたり、
そこをロマンチックに泳ぎ回るセオのペット、
そしてサックス。

そういう楽曲の組み立てが堪らなくカッコいい。
散発的に降ってくるようなスネアの音色がとても印象的だ。

マイケル・キングのピアノも
アーウィン・ホールのサックスも申し分なし。
ジャケット以外、言うことなしの名盤。

セオ・クロッカーは、
これで完璧に現代ジャズのトップ戦線に躍り出たね。

Trumpet, Trumpet,Vocals,Sampler,Synth,SynthBass,
Programmed By – Theo Croker
Acoustic Bass – Eric Wheeler
Alto Saxophone – Irwin Hall
Drums, Sampler, Sequenced By – Kassa Overall
Electric Piano, Synth – Michael King
Vocals - Rose Gold(tracks:2)
Vocals - Chronixx(tracks:10)
Piano - ELEW(tracks:8)
Drums - Erick Harland(tracks:9)
Drums, Sampler – Kassa Overall(tracks:9)

Theo Croker - Subconscious Flirtations and Titillations (Official Audio)


Theo Croker - Star People Nation (Portrait) 

Star People Nation

Star People Nation