Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

“ Planetary Prince ” が SIXPADなら、こちらはオムロン低周波治療器 ?!

Philip Dizack / Single Soul / 2013年
フィリップ・ディザック / シングル・ソウル / No,1134

f:id:kingt4nikola:20190515142537j:plain

キャメロン・グレイブスのアルバムで
トランペット吹きまくってた
フィリップ・ディザック2013年のリーダー2枚目のアルバム。

 

グレイブスのアルバムが凄すぎたので、
こちらは肩すかし食ったみたいにまともな(?)ジャズアルバム。
まあ、ジャケットの雰囲気からそうですね。
スーツだし、宇宙行ってないし。

ベン・ウェンデルとの双頭クインテット。
とても、2管のハーモニーおよび絡みが美しい。
バラードだけではないけれど、
落ち着いたテンポの曲が多く、リラックスできる。

出張の帰り、空港からの帰りの高速で聴きたい。
オイラは、夜ヨガからの帰り道聴いている。

エリック・ハーランドのドラムが、
全体をひとつ上のレベルに持ち上げてくれているような。

スムース・ジャズではないけれど、
ハーランドのドラミングが、
あるいはエデン・ラディンのピアノが、
熟練のマッサージ師のように、
疲れた体と心を解きほぐす。

染みてくる、満ちてくる音楽。

Trumpet – Philip Dizack
Tenor Saxophone – Ben Wendel
Bass – Joe Sanders
Drum – Eric Harland
Piano – Eden Ladin


Standards With Friends #3 // All The Things You Are With Philip Dizack & Ben Wendel

Single Soul

Single Soul

  • アーティスト: Philip Dizack,Ben Wendel,Eden Ladin,Joe Sanders,Eric Harland
  • 出版社/メーカー: Criss Cross
  • 発売日: 2013/10/15
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る