Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

ダウンビート誌、2010年ライジングスター、ボーカル部門、サシャル・ヴァサンダニ / 週末コンフォート

Sachal Vasandani / Shadow Train / 2018年
サシャル・ヴァサンダニ / シャドウ・トレイン / No,1129

f:id:kingt4nikola:20190511064346j:plain

本日は、週末コンフォート。
たまには男性ヴォーカルをお届けしましょ。

このアルバムは、
ドラマーのエリック・ハーランドの参加アルバムを掘ってって
見つけた。
サシャル・ヴァサンダニは、じつはこちらにも参加している

 

これがなかなかいい、グッド・フィーリング。
昨日、あるいは最近よく紹介してるピアノの
テイラー・アイグスティが弾いてるし、
ギターはニル・フェルダーだし、けっこう凄いメンツ。

ヴォーカル・アルバムで、しかもリラックスムードのアルバムだから、
めっちゃ尖った演奏というわけでは、もちろんないけど、
各メンバーが、じつにいい仕事をしている、パーフェクト。

なんといっても
サシャル・ヴァサンダニの声の伸びやかなこと、
滑らかで温かなバリトン、とても好みだ。

あんまり、上手くて歌い上げられるのが、どうもにがて。
緩急というか、力をうまく抜いてくれる人が好きだ。

サシャルの少しとぼけた声、というか、
何か少しだけヘタウマ(は言い過ぎだけど)感、
ちらりとだけ不安定な瞬間があって、そこが、素敵な味だ。

極端に言うと、マイケル・フランクス的な感じ。
もっと極端に言うと、リンゴ・スター的感じ。

とにかく、気持ちのいいアルバム。
オイラ的には、エリック・ハーランドの音、仕事にもニンマリ。

Vocals – Sachal Vasandani
Bass – Reuben Rogers
Drums – Eric Harland
Saxophone – Dayna Stephens
Guitar – Nir Felder


Behind the Scenes "Shadow Train"