Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

「サブディビジョンが一定の方が一般のリスナーにとっては、音楽と自分との関係を築きやすいのは理解している。でも僕は、サブディビジョンが変化する効果が気に入ってるし、それこそが僕が表現したいことだ」by マーク・ジュリアナ

Mark Guiliana Jazz Quartet / Jersey / 2015年
マーク・ジュリアナ・カルテット / ジャージー / No,1127

f:id:kingt4nikola:20190509054919j:plain

はい、きょうもマーク・ジュリアナ・カルテット。

もう、マーク・ジュリアナは好きすぎて、
ネタとして一日一枚で過ぎてゆくのが惜しいくらい。
一日一曲じっくり取り上げたいくらい、ずっとやっていたい。

 

さておき、 “ Jersey ” 攻めてます!
もう、ジャケットからかっこいい。
一見、横顔に見える
ニュー・ジャージー州をかたどったバンクシー風真っ赤なペイント。

もちろんニュー・ジャージーはジュリアナの出身州。
前作 “ Family First ” といい、意外とアット・ホームな人柄なのかマーク。
(それにしても妻、グレッチェン・パーラトとの夫婦風景はなんだか想像できない)

インタビューでも、全然チャラケず、真剣に音楽を探究する姿勢とか、
伝わってくるし、ジャズを斜め45度から捉えてる人ぽく見えるけど、

偉大なる天才の鈍感さというか、
まじめにジャズを探求してるのに、ああしか叩けないというか、
そういう感じもあるのかもしれないな。

このアルバム、まちがいなく革新作にして傑作だ。
のっけから飛ばすし、どの曲もアイデアに満ちている。
聴くほどに発見があるし、
ドラム、リズムのことに詳しければ、さらに楽しいのかもしれない。

基本的に全体のサウンドは、前回踏襲だけど、
ピアノがファビアン・アルマザンに変わった分大きくトーンが変わり、
よりアグレッシブになった。
でも、ファビアンの音について、
もっと分析(と言ってみた)的に聴こうと思っても、
ついついリズムの絡みに耳が引っぱられてる自分がいる。

正統なスタイルをとりながら、
聴くとどの曲もこれまでのジャズとは違うものだ。

最後(日本盤は違う)は、
共演したデビット・ボウイのバラードでしめて、
フッ〜よかアルバムじゃ〜!

Mark Guiliana - compositeur/drums
Chris Morrissey - basse
Fabian Almazan - piano
Jason Rigby - saxophone


Mark Guiliana Jazz Quartet - Full Session - 9/27/2017 - Paste Studios - New York, NY

 

Jersey (Japanese edition)

Jersey (Japanese edition)

  • Mark Guiliana Jazz Quartet
  • ジャズ
  • ¥1500

 

Jersey [ボーナストラック収録/日本語解説つき]

Jersey [ボーナストラック収録/日本語解説つき]