Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

“ ブラック・レディオ ” より2年も早いよ、このアルバム !!!

Taylor Eigsti / Daylight at Midnight / 2010年
テイラー・アイグスティ / デイライト・アット・ミッドナイト / No.1114

f:id:kingt4nikola:20190425193837j:plain
これまた、エリック・ハーランド続き。

エリック・ハーランド / ボイジャーでいい仕事してた
ピアノのテイラー・アイグスティのリーダーアルバム。
↓  これとか!

kingt4nikola.hatenablog.com

 

↓  これでね!

kingt4nikola.hatenablog.com

テイラー・アイグスティは、12歳で、デイヴ・ブルーベックと共演。15歳からスタンフォード大学のスタンフォード・ジャズ・ワーク・ショップの講師を務めている。

という天才らしい。しかも、ジャケットのとおりイケメンだ。

このアルバム、ベッカ・スティーヴンスが5曲ボーカルをとる、
とても聴きやすい、うっとり盤だ。

このアルバム、“ ブラック・レディオ ” より2年も早いというのに、
とてもブラック・レディオ的なアルバムだ。
いろんな要素を融合させた先進性に溢れながらも、
スムース&カンファタブル。

アイグスティの指向性がよく伝わってくる一枚。
ピアノはもちろんながらローズやサンプラー、
または、それらとピアノを絡めた使い方がおもしろく、
独自のセンスが感じられる。

脇を固めるハーランドやハリッシュ・ラグハヴァン、
ジュリアン・レイジら盟友達も申し分なく、なんとも心地よい。

メロウ&フォーキー&コンテンポラリー!
と書いて思うのは、

いや、これベッカ・スティーヴンスのためのアルバムかもしれん!
ということ。

やはり、“ ブラック・レディオ ” は、現象の一点であり、
それらのムーブメントは、確実にシンクロしている。

ベッカ・スティーヴンスの音楽性を考えてもそうだし、
アイグスティやエリック・ハーランドの音を年代で聴いてゆくと
そんなことが自ずと浮かび上がってくる。

Mellotron, Piano, Electric Piano- Taylor Eigsti
Drums, Percussion - Eric Harland
Guitar - Julian Lage
Bass - Harish Raghavan
Vocals - Becca Stevens


Taylor Eigsti - Magnolia


Taylor Eigsti w/ Becca Stevens ~''Daylight''


Taylor Eigsti Ft. Becca Stevens - Little Bird

Daylight at Midnight

Daylight at Midnight

  • テイラー・アイグスティ
  • ジャズ
  • ¥1700
Daylight at Midnight

Daylight at Midnight