Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

「タッチに液体のようなダイナミズムのあるピアニスト」by ニューヨーク・タイムズ

James Francies / Flight / 2018年
ジェームズ・フランシス / フライト / No.1105

f:id:kingt4nikola:20190415155751j:plain

きのう紹介のジェイミオ・ブラウン / ワークソングや
以前紹介のスステフォン・ハリス / ソニック・クリードで

kingt4nikola.hatenablog.com

いいピアノ弾いてたジェームズ・フランシス。
2018年、23歳でのデビュー・アルバム。
若い!どおりで参加アルバムもまだ数えるほどしかないハズだ。
それにしても、いきなりBlue Note からデビューとは凄い。

 

ジェームズ、顔はごついけどあまりファンクネスは感じられない。

f:id:kingt4nikola:20190415170114j:plain

いや、むしろ華やかで彩り鮮やかなピアノだ。
ロマンティックと言ってもいいかも。
ライル・メイズぽくもある。

でも、甘いだけじゃない。
極端にサスティーンを抑えたピアノの音色でたたみ掛けたり、
シンセ使いでもじつに驚くような顔を見せるし、
ギターのマイク・モレノ、それからヴァイブのジョエル・ロスを
効果的に使った楽曲がまたカッコよい。

ジョエル・ロス(誰だこれ ?! 要チェック!)も
サスティーンとヴィブラートをシャットアウトしたかのような
ミュートの効いたヴァイブの音色でバリバリ勝負してくる。

そういえばステフォン・ハリスもそんな音を使ったりするな。
ホワホワホワ〜ンだけじゃないんだよ、オレたち!
て感じだろうか、好きです。

それから、歌ものがまたいい。
アイデア豊富だし、硬軟取り混ぜて飽きさせないし、
すでにグラスパーとかを消化しながら育った世代なのだろう。
どんどん、キーボードのスタイルも塗り替えていくのだろう。
あたらな才能の今後が楽しみだ。

そういえば本年1月、
パット・メセニー × ネイト・スミス
× ジェイムス・フランシーズ という垂涎のメンツで
ブルー・ノート・東京で演ったらしい。

このメンバーでのアルバムとか出るのかな、
めちゃ期待大だ。

Piano,Keyboord -James Francies
Bass - Burnis Travis II
Drums - Jeremy Dutton
Drums - Mike Mitchell(track:10)
Guitar - Mike Moreno
Saxophone - Chris Potter
Vibraphone - Joel Ross
Vocals - Abbey Smith
Vocals - Kate Kelsey - Sugg
Vocals - Chris Turner


James Francies Trio - Sway ( J. Francies)


James Francies performs "Crib" on WBGO


James Francies - Dreaming (Audio)