Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

コンテンポラリーでも踊れるんです!ステフォン・ハリス最新作。

Stefon Harris & Blackout /  Sonic Creed /  2018年
ステフォン・ハリス & ブラックアウト  /  ソニック・クリード  /  No.1091

f:id:kingt4nikola:20190402062124j:plain

ステフォン・ハリスもう一発、最新作。

いいですよ、このアルバム。
ただし、ステフォン・ハリスのアルバムは、
いつもジャケットと内容にギャップを感じる。
(モノクロに+だけ赤文字てのは、カッコいい)

 
ジャケット&タイトルの感じからは、
バリバリのコンテンポタリー、
あるいは、フューチャリスティックなイマ・ジャズを想像するけど、
とても心地よいサウンド。

いや、本人の意気込みはフューチャリスティックなのかもしれない。
じっさい、ケイシー・ベンジャミンのサックスにも
けっこうエフェクトかかってるし、
ヴォコーダーやサンプリング音、
電子音的な処理も大胆になされてる。

それでもグラスパーのエクスペリメントとかとは、
ずいぶん雰囲気が違うのは、
ヴィブラフォンという楽器の特性というより、
彼のラテン&切なメロ的指向がそうさせるのかもしれない。

それにR&Bとの融合と本人も言ってるけど、
ボーカル曲聴くと、もちろんソウル・チューンなんだけど、
なにかクラシカルな要素も大きく感じられる。

そういう意味では、
昨日紹介の2004年 “ Evolution ” と基本部分は変わっていない。

曲それぞれに、新たなアイデアや趣向、
多彩なストリングス・アレンジなどが試されてるんだけど、
全体としては、リラックスして聴けてたのしいし、カラダが揺れる。

キューバン風味にバスクラの音がとてもマッチしてるし、
ヴォコーダーとコーラスの絡みなどとてもゴージャスで
ラグジュアリーなクラブ・サウンド的でもある。

選曲もおもしろく、聴くほどに発見のあるアルバムなり。

Vibraphone, Marimba, Producer, Arranged By – Stefon Harris
Saxophone,Vocoder – Casey Benjamin
Bass – Joshua Crumbly
Drums, Co-producer – Terreon Gully
Percussion – Pedrito Martinez
Piano – James Francies
Guitar – Mike Moreno (tracks: 1, 4, 5, 7, 8)
Keyboards – James Francies (tracks: 1, 3, 7)
Marimba – Joseph Doubleday (tracks: 9)
Flute – Elena Pinderhughes (tracks: 4, 8)
Bass Clarinet – Felix Peikli (tracks: 1, 2, 4, 5, 6, 8)
Cello – Daniel Frankhuizen (tracks: 8)
Clarinet – Felix Peikli
Violin – Regina Carter (tracks: 8)
Vocals – Jean Baylor (tracks: 3, 8)


Stefon Harris + Blackout - Sonic Creed Album Trailer


Stefon Harris - Cape Verdean Blues (Audio)


Stefon Harris - Chasin' Kendall (Audio)

 

Sonic Creed

Sonic Creed

  • ステフォン・ハリス & BLACKOUT
  • ジャズ
  • ¥1500

 

Let's Take a Trip to the Sky

Let's Take a Trip to the Sky