Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

「9拍子で始まり、やがて11にチェンジ、そして4分の3へ、さらに4分の4へと、まるで転調を重ねるように拍子が切り替わる」

James Farm / City Folk / 2014年
ジェイムズ・ファーム / シティ・フォーク / No.1086

f:id:kingt4nikola:20190327171527j:plain

またまた、アーロン・パークス参加作品。

ジェイムズ・ファームは、ユニット名。
ジャケットに書いてあるメンバー名でわかるとおり、
4名の頭文字からとった洒落だ。

まあ、コンテンポラリー・ジャズ界では、
スーパーがつく4人といってもいいメンツ。

 
ジョシュア・レッドマン、アーロン・パークス、
マット・ペンマン、エリック・ハーランド。

このアルバム、スルメ盤。
聴けば聴くほどいい。繰り返し楽しい。
牛だけに反芻 × 4な名盤。

何でだろ、それぞれ持ち合った曲が秀逸、
そして、4人の関係が絶妙。

あと、ドラム・フリークのオイラには、
エリック・ハーランドの存在が大きいのかもしれない。
彼のハイピッチなチューニングが好きだ。

3曲目エリック・ハーランド曲「North Star」が、白眉。
マット・ペンマンのベース・ソロもよか〜。

この曲のドラムに関する解説を見つけたので見ていただきたい。
現代ドラムあるいはコンテンポラリー・ジャズのリズムが、
↓   いま、どんなことになっているのか驚愕!

  この動画は、必見 !!!

www.facebook.com

 

21世紀に入って『難解なフレーズを物凄いスピードで見事にやってのけるドラマー』は世界中で大量発生しているが、ハーランドの演奏は、全く別次元だ。

 ドラムスクールの先生が言っているんだから、確かなんだろう!

ううっ〜エリック・ハーランド、ラヴ!

Soprano Saxophone – Joshua Redman
Piano – Aaron Parks
Bass – Matt Penman
Drums – Eric Harland


James Farm - Two Steps

 

City Folk

City Folk

  • James Farm
  • ジャズ
  • ¥1600

 

 

City Folk

City Folk