Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

ジャケットは、「そもさん」「せっぱ」な雰囲気だろうか ?!

Matt Penman / Good Question / 2018年
マット・ペンマン / グッド・クエッション / No.1083

f:id:kingt4nikola:20190320102231j:plain

SF Jazz Collectiveの一角を担いシーンを牽引してきた
現代ジャズ・シーン屈指のベーシスト マット・ペンマンの最新リーダー作。

SF Jazz Collectiveとは、  ↓

kingt4nikola.hatenablog.com

リーダー作なれど、前に出しゃばっては来ないペンマンのベース。
しかし、骨太な音の存在感は健在だ。

 
主軸のサックス、マット・ターナーが奔放に暴れながらも、
安定したプレイで魅了。
ピアノ、キーボードのアーロン・パークスが彩りを加え、
ペンマン作ながらも、意外とアーロンがキーになっている印象を受ける。

そしてゲストで2曲参加、ギターのニア・フェルダーがいい。
じつはこのアルバム、新たなギタリスト探しの旅で見つけた。
ちょっと気になるというか、追っかけてみたい人。

現代トップのジャズマンが集結してつくりあげた
コンテンポラリー・ジャズの最高峰といえるアルバム。
聴き応えあり! 楽しんでください。

Bass – Matt Penman
Drums – Obed Calvaire
Guitar – Nir Felder (tracks: 6, 9)
Percussion – Rogerio Boccato (tracks: 3)
Piano,ElectricPiano,Organ,Vibraphone – Aaron Parks
Soprano Saxophone – Will Vinson (tracks: 3)
Tenor Saxophone – Mark Turner (2) (tracks: 1, 2, 5, 7 to 9)

 

 

Good Question

Good Question

  • Matt Penman
  • ジャズ
  • ¥1500

 

GOOD QUESTION

GOOD QUESTION