Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

“ River ” 川の物語をコンセプトに作られた「トリビュータリー・テイルズ」

Gerald Clayton / Tributary Tales / 2017年
ジェラルド・クレイトン / トリビュタリー・テールズ / No,1055

f:id:kingt4nikola:20190222160821j:plain

ジェラルド・クレイトン、もう一枚。

1曲目、いきなりアグレッシブなリズムに驚く!
クレイトンのやる気、そうきたか。

ただ、全体としては前作とそう変わらない。
きほん管のハーモニーやユニゾンを活かしたアンサンブルが
美しく、流麗なモード中心だ。

 
ピアニストだけど、タッチは柔らかめで、
強烈なテーマやソロで迫るのではなく、リリカルというか耽美的。

アルバム全体が、組曲になっているようなテーマに沿っていて、
なにかスピリチャルな香りもそこはかとする。

クレイトン、髪型からは想像つかない(失礼)。
非情にまじめにメインストリームなジャズを追求してるんだな、
とヒシヒシと伝わってくるものがある。
とてもジャズ喫茶的一枚。

Piano, Producer – Gerald Clayton
Alto Saxophone – Logan Richardson
Tenor Saxophone – Ben Wendel
Baritone Saxophone – Dayna Stephens (tracks: 9)
Bassoon – Ben Wendel (tracks: 8, 10)
Bass – Joe Sanders
Drums – Justin Brown
Overtone Voice – Aja Monet (tracks: 8, 14), Carl Hancock Rux (tracks: 8, 14), Sachal Vasandani (tracks: 13)
Percussion – Henry Cole (tracks: 1, 10, 12, 13)
Percussion – Gabriel Lugo (tracks: 1, 10, 12 to 14)
 


Gerald Clayton - Tributary Tales Album Trailer


Gerald Clayton at Yamaha Piano Salon, "A Light/Lovers Reverie"

 

Tributary Tales (Japanese edition)

Tributary Tales (Japanese edition)

  • Gerald Clayton
  • ジャズ
  • ¥1500

 

 

TRIBUTARY TALES

TRIBUTARY TALES