Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

ダニー・マッキャスリンの4ビートプレイが聴けるアルバム!

Donny McCaslin / Exile and Discovery / 1998年
ダニー・マッキャスリン  /  エグザイル・アンド・ディスカバリー  /  No,1041

f:id:kingt4nikola:20190205151201j:plain

いや〜ゆうべの興奮冷めやらぬオイラです。

エエもん観せてもらいました。
ダニー・マッキャスリンBlueNote東京。

この人たち、学生バンド ?! ってくらいのハジけっぷり。

ダニー・マッキャスリンは、とてもマジメで、
腰が低く、誠実で人の良さそうなMCぶり。
でも、演奏はいい意味でラフというかワイルド。

 
なんつか、
クレイジー = 変態 = 天才 ! をみた。
真剣な狂気とでもいうか。
バンドメンバーもそれに煽られる。

それにしても彼のサックスの平衡感覚は非凡、特出した存在。
いや〜たのしかった。


DONNY McCASLIN @BLUE NOTE TOKYO (2019 2.7 thu.)

 

さてて、きょうの一枚もダニー・マッキャスリンだけど、
ホッと一息なヤツご紹介。

1998年、ダニー・マッキャスリンの初リーダー作。
オールド・スクール、典型的なカルテットでバリバリの4ビート。
自分的にもひさびさでかなり和んでしまいます。

じつに、気持ちのいいアルバム。
ダニー伸びやかに吹きまくってる。
いま奏法に至る片鱗もそこかしこに感じとれる。

しかし、この人うまい。
ひとつひとつのフレーズに説得力があるし、
それが、よどみなくる紡がれてゆく。

万人にオススメできる一枚。

Tenor Saxophone – Donny McCaslin
Bass – Ugonna Okegwo
Drums – Billy Drummond
Piano – Bruce Barth

Donny McCaslin: Exile and Discovery

Donny McCaslin: Exile and Discovery

  • Various Artists
  • ジャズ
  • ¥1500

 

Isfahan

Isfahan