Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

Drums マーク・ジュリアナ登場、クゥーッ !!!

Donny McCaslin /Casting for Gravity / 2012年
ダニー・マッキャスリン  /  キャスティング・フォー・グラヴィティ /  No,1038

f:id:kingt4nikola:20190206075145j:plain

ダニー・マッキャスリン続きます。
カッコいいジャケットですね、イラストってめずらしい。
まったく、ジャズらしくない。

本作は前回紹介の「Soar」からの3作とは、大きく舵を切った作品。
なんといってもドラムがマーク・ジュリアナになった。
そして、キーボードのジェイソン・リンドナー、
ベースがティム・ルフェーブルと現在にいたる布陣が出来上がったのだ。

 
もちろんアントニオ・サンチェスのドラムも素晴らしいけど、
ダニーとの相性でいえばマーク・ジュリアナの方がいい。
ダニーのリズム面でのアプローチや奏法が、
いっそう、マークのドラムから刺激を受けて想像力を拡げているのではないか。

このアルバムは、なにかダニーとマーク、
サックスとドラムの一騎打ち的な側面もあってヒリヒリする。

といっても、いつでもダニーの書く曲はキャッチーでカッコいいので、
耳を研ぎ澄まさなくとも楽曲にすぐに引き込まれてしまう。
もんくなしに最高峰の現代ジャズ。

やっぱ、ジャズはテナー・サックスでしょ!というあなたは、
ダニー・マッキャスリンを聴かなきゃです。

Tenor Saxophone – Donny McCaslin
Drums – Mark Guiliana
Electric Bass – Tim Lefebvre
Electric Piano, Piano, Synthesizer – Jason Lindner
Vocals, Synthesizer – David Binney


Donny McCaslin with Tim Lefebvre, Mark Guiliana, Jason Lindner @ 55 Bar NYC

 


Donny McCaslin - Alpha and Omega (Boards of Canada cover)

 

Casting for Gravity (feat. Jason Lindner, Tim Lefebvre & Mark Guiliana)

Casting for Gravity (feat. Jason Lindner, Tim Lefebvre & Mark Guiliana)

  • ダニー・マッキャスリン
  • ジャズ
  • ¥1500

  

Casting for Gravity

Casting for Gravity