Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

雨音は、ヴァディム・ネセロフスキーの調べ。

Vadim Neselovskyi Trio / Get Up and Go / 2017年
ヴァディム・ネセロフスキー / ゲット・アップ・アンド・ゴー / No,1032

f:id:kingt4nikola:20190131135523j:plain


つぎは最近のヴァディム・ネセロフスキー。
だいぶジャズらしい! いや、トリオだしね。

ネセロフスキーの演奏は、
右手と左手の動きを想像しながら聴くと楽しい。

 
このアルバムでは、ボーカルというかボイスの入る曲もあって、
とても親しみやすい。

ボイスとハーモニカのような音が重なる部分があり、誰だろと調べてみたら、
なんとネセロフスキーは、自身でメロディカを吹いているようだ。

レコーディングではどうか知らないけど、
ライブでは左手ピアノ、右手メロディカなんてことも
たまにやるようだ。

↓  4:05くらいから


Gary Burton Quintet "Bag's Groove"

 

Piano, Melodica, Composed By – Vadim Neselowskyi
Double Bass – Dan Loomis
Drums, Percussion – Ronen Itzik
Voice – Sara Serpa


JAZZAHEAD! 2017 VADIM NESELOVSKYI TRIO

 

Get Up and Go

Get Up and Go

  • Vadim Neselovskyi Trio
  • ジャズ
  • ¥1500

 

 

On a Bicycle

On a Bicycle