Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

KINFOLKって、雑誌「KINFOLK」がつくった造語だよね。それだけ根付いてるってことかな。

Nate Smith  /  Kinfolk: Postcards From Everywhere  /  2017年
ネイト・スミス  /  キンフォーク: ポストカード・フロム・エヴリホェア  /  N0,1029

f:id:kingt4nikola:20190127205111j:plain

はい、ピアノの俊英クリス・バワーズ参加シリーズ続いてます。
オイラの大好きなドラマー ネイト・スミスのアルバム「KINFOLK」。

「KINFOLK」とは、

KINFOLKの意味は、家族や親しい者を意味する"KINSFOLK"という古めかしい言葉からSをとったもので、家族や友人、隣人といった小さな集まりという意味の『スモール ギャザリング』をさしている。

雑誌「KINFOLK」は、
日本の「ていねいな暮らし」系雑誌とコンセプトは近いけど、なにが違ったんだろう。世界に影響をおよぼしたのはビジュアルだけではないはず。

 
ま、それはさておき、ネイト・スミスは、「KINFOLK」に、

ネイト・スミスにとっての「音楽的家族」ー 彼がこれまで親交を深め、精神を共有したミュージシャン達 ー が一堂に会して制作された作品です。

といった意味を込めた模様。
そんな音楽的家族の一員が、クリス・バワーズでもある。

前置きがながい。
さて、このアルバム。じつによいよ。

もうね、CD買っちゃおうかなってくらい味わい深い。
ネイト・スミスの抜けのいいドラムはもちろんだけど、
全体のバランス、気持ちの良さがたまらん。
アルバムジャケットのような温かな光に包まれたKINFOLK世界、
ご堪能ください。

Producer, Drums, Percussion, Synth, Sounds, Electric Piano – Nate Smith
Saxophone – Jaleel Shaw
Cello – Reenat Pinchas
Bass – Fima Ephron
Guitar – Jeremy Most
Piano, Electric Piano – Kris Bowers
Viola – Christiana Liberis
Violin – Stephanie Matthews
Violin, Contractor – Juliette Jones

Vocals – Michael Mayo
Vocals – Amma Whatt
Vocals – Gretchen Parlato
Bass – Dave Holland
Guitar – Lionel Loueke
Guitar – Adam Rogers
Tenor Saxophone – Chris Potter

 

この動画必見!

いや〜ネイト・スミスの叩くドラムの抜けの良さ、小気味いいぜ!
(キーボードは、クリス・バワーズじゃないけどね)
どの曲もネイトのドラミングに目が釘付けだけど、
特に4曲目(13:20〜)には、息をのむよ !!! 

↓  Nate Smith (drums); Jaleel Shaw (saxophone); Amma Whatt (vocals); Fima Ephron (bass); Jon Cowherd (keyboard); Jeremy Most (guitar)


Nate Smith + KINFOLK: NPR Music Tiny Desk Concert

 

 

KINFOLK: Postcards from Everywhere

KINFOLK: Postcards from Everywhere

  • Nate Smith
  • ジャズ
  • ¥1500

 

Kinfolk: Postcards From Everywhere

Kinfolk: Postcards From Everywhere