Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

ジェイル・ピーターソンもお気に入りなようです

Gideon Van Gelder   / Perpetual / 2010年
ギデオン・ヴァン・ゲルダー /パーペチュアル / No,1012

f:id:kingt4nikola:20190112072418j:plain

正月からピアノが続きます。
重鎮のあとは若い人。

このアルバムは、オランダ出身でNY在住、
83年生まれのピアニスト、ギデオン・ヴァン・ゲルダーのデビュー作。
テナー、アルト2本のサックスに加え、
女性ヴォーカルというレギュラー・グループでの録音。

 
オランダ出身というところで、
なんとなくブルースフィーリングよりもEDMの影響や、
クラシックの影響を想像してしまうけど、
のっけから、
フローラ・プリムやミナス派
つまりブラジル影響を強く感じさせるサウンド。

けっしてジャズのマナーから外れることなく、
意外とオーセンティック。
でも、ボーカル(といっても、とても楽器的な使い方だけど)ひとつで、
とても、親しみやすい旋律に感じるものだ。

一曲目のつかみ以降は、
意外と内省的な静かな曲が多く、
いまの季節、正月明けで気分も天気もややどんよりな気分によくあう。

Piano – Gideon Van Gelder
Alto Saxophone – Lars Dieterich (tracks: 3)
Bass – Rick Rosato
Drums – Flin Van Hemmen
Tenor Saxophone – Lucas Pino (tracks: 1, 3, 4, 6, 7)
Voice – Becca Stevens (tracks: 1, 3, 4, 7)


Wave - Gideon van Gelder Sextet

 

Perpetual

Perpetual

  • Gideon van Gelder
  • ジャズ
  • ¥1500

 

パーペチュアル

パーペチュアル