Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

ジョー・ヘンダーソンか〜! 2枚くらいしか聴いてなかったな

Joe Henderson  /  Power to the People  /  1969年
ジョー・ヘンダーソン  /  パワー・トゥ・ザ・ピープル  /  No.0065

f:id:kingt4nikola:20181213073705j:plain

ロバート・グラスパー R+R=NOWから、
いきなり1969年ジョー・ヘンダーソンかよ!
とお思いでしょうが、じつは今年の「東京 JAZZ Festival」で
このアルバムからR+R=NOWが2曲演奏してるんですね、渋いぜ。

 
それが、またかっこいい。
同じく「東京 JAZZ Festival」に出演したハービー・ハンコックへのリスペクト&ヨイショかな。
グラスパーは、現代のハンコックと言われるとおり八面六臂の活躍だけど、
プレイスタイルも似てますよね。弾けるのに、なかなか弾かないとことか。
アコースティックのグラスパーを聴いてると影響を大きく感じるし、
ハンコックへの傾倒も深いんだと思う。

さてこのアルバム、特にハンコックの書いた曲がいい。
流麗なモーダルは、まんま現代のグラスパーのようなラウンジ・ミュージック感がある。
ディジョネットのドラムがまた凄いし、完成度の高いなかなかのアルバム。

オイラ、若いときはジョー・ヘンダーソンのまろやかなテナーに、
今ひとつパンチを感じなくてさほど聴いた憶えがなかった。
こういう再発見はじつに楽しい。
そういう意味では、リーダー作品ではないハンコックを掘ってみるのもまたおもしろいかもね。

Tenor Saxophone – Joe Henderson
Bass – Ron Carter (tracks: A1, A3, A4, B2, B3)
Drums – Jack De Johnette
Piano – Herbie Hancock
Trumpet – Mike Lawrence (tracks: A2, B1)


Afro-Centric


Joe Henderson - Power To The People (Power To The People [1969])

 

Power To The People (Keepnews Collection)

Power To The People (Keepnews Collection)

  • ジョー・ヘンダーソン
  • ジャズ
  • ¥1600

 

 

パワー・トゥ・ザ・ピープル

パワー・トゥ・ザ・ピープル

  • アーティスト: ジョー・ヘンダーソン,ハービー・ハンコック,マイク・ローレンス,ロン・カーター,ジャック・ディジョネット
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2012/12/12
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る