Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

なんだかんだで、今年はグラスパー周辺をよく聴いた

R+R=NOW  /  Collagically Speaking  /  2018年
R+R=NOW  /  コラージカリー・スピーキング  /  No.0064

f:id:kingt4nikola:20181212071829j:plain

もうそろそろいいかな、
唐突に2018年のまとめに入るけど、
なんだかんだで今年はロバート・グラスパーとその周辺の人たちをよく聴いた。

グラスパーは、昨年公開されたドン・チードル監督主演映画
「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」の音楽を担当した。

 
まあ映画の方は、思いっきり肩すかしをくった感があり、
音楽の方もいまいちピリッとせず、
というかマイルス聴き直しのきっかけにはなったけどサントラはフ〜ンて感じで、
オイラのグラスパー熱も、かなり冷めてた。

medium.com


しか〜しグラスパー、
3月「August Greene」名でコモンとの共作。
6月、新メンバーでのこのアルバム。
ここへ来てまたぐっと盛りあがったところへ
「東京 JAZZ Festival」への出演である。
聴くなというのが無理な注文。

おまけに、このアルバム・メンバーがまたヤバイ。
メンバーそれぞれのリーダー・アルバムがまた聴きごたえたっぷり。
ずいぶんグラスパーとその周辺には楽しませてもらった。

そんなわけでこのアルバム。

一聴すると耳あたりのよいラウンジ・ミュージック。
グラスパーと各メンバーの力量は、
むしろサウンド・コーディネートというか楽曲のアイデアというか、
そこらへんに発揮されてる気がする。

そんなラウンジ感とは裏腹に「東京 JAZZ Festival」では圧巻のステージだった。

(もちろんテレビ&ラジオで観た)


ジャズフェスでは、コアなジャズファンのために思いっきりヤッちゃうよ、なのか。

それにしても4曲目「Resting Warrior」。
なんだ、このカッコよさは!一発で打ちのめされた。

東京ジャズでのこの曲の演奏も観た。
多くのジャズ・ライブに観られるような熱いバトルという雰囲気ではなく。
剣豪がたがいに睨み合ったまま動かないような、
そんなヒリヒリするような緊張感が伝わってきた。

デリク・ホッジとジャスティン・タイソンの新リズム・セクションが生み出すグルーヴがたまらん。
クールだ、痺れる。
間違いなくジャズの最先端に立ち会ってるような快感を憶えた。

R+Rとは、ReflectとRespond。
「時代を反映していく」ということと「たがいの音に応えてゆく」という意味らしい。

グラスパーは自分自身をリーダーだと考えてはおらず、クリエイティブ面で平等なグループにしたかったのだそうだ。「俺はそのレコードを聴いた時に、誰がリーダーなのかわからないような作品を作りたかったんだ。"俺がリーダーだ!" みたいな大げさなピアノ・ソロがあるものは1曲もないし、それがバランスのいい作品になった要因でもあるんだ」。

「このアルバムの楽曲は全て、レコーディングの5分前に書かれたものなんだ」、ロバート・グラスパーはアルバムの全レコーディングはたったの4日間で終えたが、皮肉にもミックス作業にそれより長くかかったことを笑いながら明かしてくれた。「全曲をワンテイクで録ったんだ。2回やった曲はないよ」。このアルバムは並外れた才能を持つ6人のミュージシャンたちがそれぞれのヴァイブスに同調し合うことで、直感的に作り上げられた作品と言えよう。「俺たちはただお互いの演奏に耳を傾けていただだけさ。まさにReflectとRespondだね」。

詳しくは、こちら  ↓ 。

www.udiscovermusic.jp


2019年もR+R=NOWの活動が気になる。
たまに会って「同調し合う」だけなのか、
何かをもっと突き詰める気なのか。
突き詰めてほしいけど前者な気がするので、
あまり期待しないで待っていたい。

↓  6人全員がプロデューサーというメンバーがまた凄い。
Keyboards – Robert Glasper
Bass – Derrick Hodge
Drums – Justin Tyson
Alto Saxophone – Terrace Martin
Synthesizer – Taylor McFerrin, Terrace Martin
Trumpet – Christian Scott
Vocoder – Terrace Martin

Turntables,Voice – Jahi Sundance
Voice – India Shawn
Voice – Mirna Jose
Vocals – Omari Hardwick
Vocals – Stalley
Vocals – Amanda Seales
Vocals – Amber Navran
Vocals – Yasiin Bey


R+R=NOW - Change Of Tone (Audio)


R+R=NOW - Resting Warrior (Audio)

 

 

 

コラージカリー・スピーキング

コラージカリー・スピーキング

  • アーティスト: R+R=NOW,ロバート・グラスパー,デリック・ホッジ,ジャスティン・タイソン,ローズ・マッキンニー,テイラー・マクファーリン,テラス・マーティン,カイル・マイリック,ダンテ・スミス
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2018/06/15
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る