Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

現代アルトサックス吹きで、一番好きかもミゲル・ゼノン。

Miguel Zenón /Jíbaro / 2005年
ミゲル・ゼノン / ビバロ / No.0060

f:id:kingt4nikola:20181208082753j:plain

とうとう冬が来ましたね。
寒いの苦手なんで気分だけでも暖かく、
そして明るくラテンでまいりましょ。

ミゲル・ゼノンはプエルトリコ出身、1979年生まれのサキソフォン奏者。

 
CubanJazztとか、ラテン・ジャズとかで闇雲に検索を繰り返してたどり着いた。
ラテンといっても、こてこてのラテンというのかな、
ケニー・ドーハムみたいなアフロ・キューバンでもなく
サルサの楽団みたいのでもなく、
はたまたブラジルテイストのメセニー的なものでもなく

現代ジャズにほどよくラテンがミックスされたというか、
ラテン要素を注入されて新たなジャズへと昇華したものを、
探しててたどり着いた。
ゼノンのアルトかなり好きです。
テクニックはもちろん、艶やかで柔らか。

このアルバムは、彼の5枚目のリーダー・アルバム。
メセニーのUnity Groupでも有名なアントニオ・サンチェスがドラムをつとめてる。

リズムもおもしろいし(いや超絶だし)、
くり出されるアルトの音色も色彩豊かだ。
サイドメンも最高だし。

後半、意外としっとりした曲もあり変化に富んでいる。
アルバム・タイトルでラストに入ってる曲ビバロというは、
プエルトリコの地方の伝統的な音楽スタイルのことなんだそう。

なんと、ブランフォード・マルサリスがプロデュースしてる。
(というかレーベルが、Marsalis Music なんだね)

Alto Saxophone, Written By – Miguel Zenón
Double Bass – Hans Glawischnig
Drums – Antonio Sanchez
Piano – Luis Perdomo
Producer – Branford Marsalis


Miguel Zenon - "Jibaro"

 

Jíbaro

Jíbaro

  • Miguel Zenón
  • ラテン
  • ¥1600

 

 

Jibaro

Jibaro