Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

たまにはコルトレーンでも、元祖スピリチュアル !!!

John Coltrane  /  Kulu Sé Mama / 1965年
ジョン・コルトレーン / クル・セ・ママ / No.0058

f:id:kingt4nikola:20181205112456j:plain

きのう紹介のサム・ウィルクスがやってた楽曲「Welcome」が、
3曲目に入ってる。
本家本元 コルトレーンを聴いてみよう。

kingt4nikola.hatenablog.com

 

 
「クル・セ・ママ 」疲れた心と体に、沁みますな〜。
マッコイ・タイナーのピアノが美しいですな〜。

ボーカルに、
ダブル・テナー
ダブル・ドラム
ダブル・ベース
ダブル・パーカッション
変則的な編成、試行錯誤が美しく昇華した名盤。

「できるだけ神に近づきたい」
「私は聖者になりたい」

と言ったコルトレーン。
いや十分 神ですから。

その精神性、生き様、ジャズ界きってのカリスマ。

Tenor Saxophone – John Coltrane
Tenor Saxophone – Pharoah Sanders
Vocals, Percussion – Juno Lewis
Bass – Jimmy Garrison
Bass, Bass Clarinet – Donald Garrett
Drums – Frank Butler
Drums – Elvin Jones
Piano – McCoy Tyner


John Coltrane - Kulu Sé Mama

 

Kulu Se Mama

Kulu Se Mama

  • ジョン・コルトレーン
  • ジャズ
  • ¥1600

 

 

クル・セ・ママ

クル・セ・ママ

  • アーティスト: ジョン・コルトレーン,ジュノ・ルイス,マッコイ・タイナー,ジミー・ギャリソン,エルヴィン・ジョーンズ,ジュリアン・ルイス
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2018/07/04
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る