Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

マーク・ターナーは自作ではない方が輝く! 暴言 by オイラ

Gilad Hekselman / Hearts Wide Open  /  No.0050
ギラッド・ヘクセルマン  /  ハート・ワイド・オープン  /  2011年

f:id:kingt4nikola:20181127183754j:plain

はい、またもやイスラエル勢です。
ギラッド・ヘクセルマンは、

地元の名門テルマ・イエリン芸術学校を卒業後21歳で渡米、ニューヨークデビュー。ニューヨークで活躍をはじめ22歳で「ギブソン・モントルー・インターナショナル・ギター・コンペティション」で優勝し、一気に注目されることになり、まもなくデビュー・アルバム「SplitLife」をリリース。

 1枚目はちょっとオーセンティック、おとなしめなんで2枚目をご紹介。
サックスのマーク・ターナー、そしてドラムのマーカス・ギルモアと組んでるところが肝。

マーク・ターナーは、カート・ローゼンウィンケルとのタッグで、
すでに3枚ほど紹介してる。

Mark Turner カテゴリーの記事一覧 - Jazz Alternative

彼がいい仕事してる。
というか、ギラッドがスゲー ターナーを盛り立ててる感じ。
それにしても、マーク・ターナーは自分のリーダー作ではない方が輝く(失礼!)。
あとギルモアのドラムは刺激的で、全体を引き締めコントロールしてゆく。

ギラッドのソロは、とてもリリカルで歌心に溢れてる。
現代ジャズにありがちなウネウネとした捉えどころのなさ(ギターに限らず全般的にそうだよね)とは、一線を画した美しさがある。

Guitar – Gilad Hekselman
Bass – Joe Martin (6)
Drums – Marcus Gilmore
Saxophone – Mark Turner (2) (tracks: 3,5,6,8)


Gilad Hekselman Quartet - Hazelnut Eyes

 

Hearts Wide Open

Hearts Wide Open

  • ギラッド・ヘクセルマン
  • ジャズ
  • ¥1500

 

 

Hearts Wide Open

Hearts Wide Open