Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

さてピアニスト、Tocororoはキューバの国鳥なんだって

Alfredo Rodriguez  /  Tocororo  /  No.0039
アルフレッド・ロドリゲス  /  トコロロ  /  2016年

f:id:kingt4nikola:20181116160853j:plain
クインシー・ジョーンズが賞賛 & 全面的にバックアップということでデビューしたキューバ・ハバナ出身のピアニスト アルフレッド・ロドリゲス。

「トコロロ」は、そんな彼の3枚目のアルバム。

新世代ジャズの特徴として以前
① ヒップ・ホップ、R&Bとの融合
② クラシック音楽との融合(まあECMとか昔からですが)
を挙げたけど
③ 番目の特徴として
「ジャズのグローバル化」というのが挙げられる。

「グローバル化」というと、なんかこっぱずかしいけど、
多国籍化、あるいは無国籍化と言ってもいいかも。

アメリカで生まれたジャズは、いまや世界の言葉となった。
ご存じのように日本にもすっかり定着。
鹿児島のような端っこの地方都市でもジャズフェスが開かれる。
世界中からジャズを学びにアメリカに人は集まり、また拡散する。
国内にいてもジャズは学べるし、いまやジャズを学ぶためにヨーロッパや他の国に行く動きだってある。
それぞれの国で特徴あるジャズが育ち、それがまたアメリカや世界のあらゆる都市で交流されてゆく。
そして、そんな動き・交流を加速度的にインターネットが後押しする。
あたらしいスタイルは瞬く間に世界に拡がり、新たな音楽的コミュニティもつぎつぎと生まれてゆく。

新たな時代の新たなジャズの基点としてキューバ、ブラジル、イスラエル、ポーランドなどが挙げられるのかな。

そんな動きを象徴する存在の1人が、アルフレッド・ロドリゲスだ。

「トコロロ」は、じつにいろんな側面のつまったアルバム。
アルフレッドももちろんながら、
西アフリカ・カメルーン出身の天才ベーシスト リチャード・ボナ。
レバノン出身、四分音を使う奇才 微分音トランペッター イブラヒム・マーロフも参加している。
そう、才能は呼び合う。
音楽の多国籍軍なら大歓迎だ。

いろんな国のいろんな要素が入り交じって変容してゆくジャズ。
どんどん進化してゆく音楽。
世界はもっと楽しくなる。

Piano,Arranger,Composer,
Melodion,Producer,Synthesizer,Vocals - Alfredo Rodriguez
Bass, Vocals - Richard Bona
Bass - Reiner Elizarde Ruano
Clarinet, Flute, Sax (Soprano), Sax (Tenor) - Ariel Bringuez
Drums,Arranger,Percussion -Michael Olivera
Trumpet - Ibrahim Maalouf
Arranger,Vocals - Antonio Lizana
Vocals - Ganavya Doraiswamy
Vocals - Ibeyi
Executive Producer, Producer - Quincy Jones


Alfredo Rodriguez Trio feat. Ganavya "Tocororo"

 

Tocororo

Tocororo

  • Alfredo Rodríguez
  • ジャズ
  • ¥1500

 

 

Tocororo

Tocororo