Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

あたし、4ビート叩いても凄いんです!クリス・デイブ第2弾

Kenny Garrett / Standard of Language  /  No.0014
ケニー・ギャレット  /  スタンダード・オブ・ランゲージ  /  2003年

f:id:kingt4nikola:20181022100816j:plain

ケニー・ギャレットとの共演作3枚目。
前回紹介した「Simply Said / シンプリー・セッド」の次には、
「Happy People  /  ハッピー・ピープル」がある。

f:id:kingt4nikola:20181022143956j:plain

ますます、クリス・デイブの存在感は増してるけど、
フュージョン色というかマーカス・ミラー色も強いので今回はパス。
(マーカス様ごめんなさい、マーカス・ミラー・モデルのベースまで買っておきながら、この手のひら返しをお許しを)


この Standard of Language は一言、傑作ですよ。


クリスのドラムだけではなくバンドとしてというか、
アルバムとしての完成度がムチャクチャ高い一枚、文句なし。

しかし、やはりクリス・デイブの存在は大きいと思う。
彼が叩いていなければ、ここまでのアルバムにはならなかったのでは、
と思わざるをえない。

一聴してハンパないドラミング、なんだこの自由さは!
即座にトニー・ウィリアムスのことが思い浮かぶ。

煽る煽るうたううたう。
それに対しケニーのサックスも、
ピアノのバーネル・ブラウン・ジュニアも、
凄まじいテンションを保ち続ける。
クリスがサウンドをしめているというか、
かなり全体をコントロールしていると言っても過言ではないかも。
もう、ご機嫌ですよ!

そういう意味でもクリスの存在は、
黄金のマイルス・クインテットにおけるトニー・ウィリアムスの存在に近いと感じる。

クリスは、この一枚で、
ジャズ・ドラマーとしても超一流であることを世に知らしめた。

いや〜このアルバムをオイラMP3で聴いてるけど、
正直もっと高解像度の音で聴きたいところだ。
そのうちCD入手しよ。

いま、パーソネル調べてたらプロデュースに
ケニー・ギャレットとともに
マーカス・ミラー先生のお名前がありました。
先生、あいすみません。

Kenny Garrett:Saxophone
Vernell Brown Jr.:Piano
Charnett Moffett:Bass
Chris Dave:Drums
Eric Harland:Drums( 9)


Kenny Garrett- What Is This Thing Called Love?

 

 

Standard of Language

Standard of Language

 

 

 

Standard of Language

Standard of Language

  • ケニー・ギャレット
  • ジャズ
  • ¥1300