Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

ジャケット、ペインティングは、Martel Chapman!

// Victor Gould / Thoughts Become things / 2019年ヴィクター・グールド / ソウツ・ビカム・シングス / No,1205 ヴィクター・グールド、この7月リリースのリーダー3作目。それにしてもデビュー以来続けざまにアルバム出してる。しかも、毎回指向の大きく違…

正統派、メインストリームど真ん中、これぞNYサウンド 。 ヴィクター・グールドの2作目。

// Victor Gould / Earthlings / 2018年ヴィクター・グールド / アースリングス / No,1204ヴィクター・グールドもう一枚。やはり、サックスのゴドウィン・ルイス参加作品。前作に比べて、おとなしめのジャケット。オーセンティックなジャズアルバムの雰囲気…

名前も、ジャケットも、ドレッドもカッコいいヴィクター・グールド、ポスト・グラスパー1番手だそう!

// Victor Gould / Clockwork / 2016年ヴィクター・グールド / グローバル / No,1203 きのう紹介の、ゴドウィン・ルイスの参加アルバムから、ヴィクター・グールドの一枚。 ヴィクター・グールドは、ポスト・ロバート・グラスパーの一番手との声も高いピアニ…

3・8曲目の4ビートが、逆に新鮮!

// David Gilmore / Transitions / 2017年デビッド・ギルモア / トランジション / No.1066 デビッド・ギルモア、続いてます最新作。聴いた途端に、このライブ行きたいと思わせる。なんていうのかな、NYの今があるみたいな。デビッド・ギルモアが、M-Base 出…