Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

カート・ローゼンウィンケルが「世界が驚くニュースター」と断言!

// Pedro Martins / Vox / 2019年ペドロ・マルチンス / ヴォックス / No,1276 きょうも、ペドロ・マルチンス。このアルバム、歌もの中心。聴きやすくて心地よさに、聴き逃しちゃいそうだけど、ん、ただならぬサウンドが密かに繰り広げられる。

“ Simbiose ”とは共生。ラテン音楽専門誌 “ ラティーナ ”2018年ブラジルディスク大賞!

// Daniel Santiago & Pedro Martins / Simbiose / 2017年ダニエル・サンチアゴ & ペドロ・マルチンス / ドリーミング・ハイ / No,1275 ペドロ・マルチンスを続けよう。ダニエル・サンチアゴはペドロの先輩。ブラジルのトップクラスのバンドに属するギタリス…

ミナス・サウンドとコンテンポラリーの融合。今後のジャズギター・シーンの最重要人物ペドロ・マルチンス!

// Pedro Martins / Dreaming High / 2013年ペドロ・マルチンス / ドリーミング・ハイ / No,1274さて、さんざんピアニストが続いたのでギターいってみようか。ちょっと夏っぽいジャケットですまぬ。ブラジルの新世代ギタリスト ペドロ・マルチンスのデビュー…

なんとクラプトンも参加してるポスト・ジャズ・ブラジレイロ

// Kurt Rosenwinkel / Caipi / No.0011カート・ローゼンウィンケル / カイピ / 2018年 No.008 でカート・ローゼンウィンケルのことを暗いと書いてしまったら、 どうもこの目が恨めしげに感じられるんで、あわてて、ジャゲットも内容も明るげな最近の作品を…