Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

ケヴィン・ヘイズ&ニア・フェルダーを堪能、フランスのベテランドラマー、オリヴィエ・ル・ゴアスのレシプロシティ

ジャズのアルバム紹介。 きょうも、ニア・フェルダー参加作品。 Olivier Le Goas / Peciprocity / 2016年 オリヴィエ・ル・ゴア / レシプロシティ フランスのベテランドラマー、オリヴィエ・ル・ゴアスによるサックスのケヴィン・ヘイズとギターのニア・フェ…

エレクトリックな華やかさ、ニア・フェルダーのマジカルなギターサウンドが炸裂 / イーノック・リー

ジャズのアルバム紹介。 Enoch Lee / Finish Line / 2014年 イーノック・リー / フィニッシュ・ライン ギタリスト、ニア・フェルダーの参加作品。 Enoch Lee / Finish Line / 2014年 イーノック・リー / フィニッシュ・ライン

楽曲の良さと和やかなムードから、古澤良治郎を思い出しちゃった / ルディ・ロイストン

ジャズのアルバム紹介。 今日は、ギターのニア・フェルダーを追いかけて、ドラマー・ルディ・ロイストンの初リーダー作。 Rudy Royston / 303 / 2014年 ルディ・ロイストン / 303 ジャズ・ドラム ジャズ・ギター

“ The Jimi Hendrix Award ” それってロックでは ?! / ニル・フェルダー

ジャズのアルバム紹介。

ダウンビート誌、2010年ライジングスター、ボーカル部門、サシャル・ヴァサンダニ / 週末コンフォート

// Sachal Vasandani / Shadow Train / 2018年サシャル・ヴァサンダニ / シャドウ・トレイン / No,1129 本日は、週末コンフォート。たまには男性ヴォーカルをお届けしましょ。このアルバムは、ドラマーのエリック・ハーランドの参加アルバムを掘ってって見つ…

2曲目イントロで、ささやくような「テゲテゲじゃ〜!」の声、確かに聴こえる!

// Eric Harland / Vipassana / 2014年エリック・ハーランド / ヴィパッサナー / No.1112 さて、エリック・ハーランドのリーダー・バンド “ ボイジャー ” のお待ちかねの2枚目。これがまた、また、傑作!“ ボイジャー ” 1作目の路線をみんなが期待したはず。…

ジャケットは、「そもさん」「せっぱ」な雰囲気だろうか ?!

// Matt Penman / Good Question / 2018年マット・ペンマン / グッド・クエッション / No.1083 SF Jazz Collectiveの一角を担いシーンを牽引してきた現代ジャズ・シーン屈指のベーシスト マット・ペンマンの最新リーダー作。SF Jazz Collectiveとは、 ↓ king…

もろかぶりのジャケットイメージ、やっちゃったね。

// Keyon Harrold / Mugician / 2017年キーヨン・ハロルド / ミュジシャン / No.0073 さて今日は同じトランペッターだけど、やはりロバート・グラスパー関連に浮かび上がる人キーヨン・ハロルドを取り上げる。あれ、なんか既視感が、