Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

全作曲アレンジ、ロビン・ユーバンクス渾身の一作!

Robin Eubanks Mass Line Big Band / More Than Meets The Ear / 2015年ロビン・ユーバンクス・マス・ライン・ビッグ・バンド / モア・ザン・ミーツ・ジ・イア / No,1176 ロビン・ユーバンクス、三枚目。今回は、もっとも硬派な一枚。もっともジャズしてる変…

ギターと間違えるくらいに激しく歪ませたトロンボーン。

Robin Eubanks / Klassik Rock, Vol. 1 / 2014年ロビン・ユーバンクス / クラシック・ロック : Vol. 1 / No,1175 昨日にひき続きロビン・ユーバンクス。2014年のこのアルバムは、さらに過激に。いいぞ、59歳のロビン。

KINFOLKって、雑誌「KINFOLK」がつくった造語だよね。それだけ根付いてるってことかな。

Nate Smith / Kinfolk: Postcards From Everywhere / 2017年ネイト・スミス / キンフォーク: ポストカード・フロム・エヴリホェア / N0,1029 はい、ピアノの俊英クリス・バワーズ参加シリーズ続いてます。オイラの大好きなドラマー ネイト・スミスのアルバム…

Rising Sun ではなくRising Son であることに、いま気づいた!

Takuya Kuroda / Rising Son / 2014年黒田卓也 / ライジング・サン / No,1028 黒田卓也は、ホセ・ジェイムスのアルバムだけで自身のリーダーアルバムまだ紹介してないことに気づいた。Rising Son については以下の通り。 アルバムのタイトル「ライジング・サ…

伝票とか書きながらコレながしてるオイラ、ってイケているのか ?!

Nate Smith / Pocket Change / No.0004ネイト・スミス / ポケット・チェンジ / 2018年 メセニーのアルバムから、いきなり35年ワープしてネイト・スミスのご紹介。 だって今度のメセニー来日時、いっしょに演るのがこのヒトなんだから。