Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

チャーリー・パーカーは、 「もの凄い早口で、理路整然と喋る人」by 大谷能生

ジャズのアルバム紹介。 現代ジャズ・シーンを代表するミュージシャンが参加した、チャーリー・パーカーのトリビュート・アルバム。ビバップの、あるいはジャズの、“ ジャズ的なるもの ” のエッセンスが詰まってる。The Passion of Charlie Parker / 2017年 …

原田知世もカバーしてる「ベイビー・アイム・ア・フール」 / GWコンフォート

// Melody Gardot / My One and Only Thrill / 2016年メロディ・ガルドー / マイ・ワン・アンド・オンリー・スリル / No,1121 女性ボーカル続きます、今日はメロディ・ガドー。このアルバムは、彼女若干24歳の作品。最初のワンフレーズを聴いただけで、これ…