ジャズとその周辺音楽への旅

in the process of moving

Marc Johnson

北極圏の光と風景が広がるライル・メイズの美しくも透明な世界 / 週末クワイエット

Lyle Mays / Lyle Mays / 1985年ライル・メイズ / ライル・メイズ / No,2150 土曜日、2000年以降のジャズというコンセプトを離れて週末クワイエット。本日は、今年2月にこの世を去ったライル・メイズ、1985年の作品。

トゥーツ・シールマンスの絶品ハーモニカとエヴァンスのピアノ、 ロマンティックが止まらない一枚 / 週末クワイエット

Bill Evans / Affinity / 1978年ビル・エヴァンス / アフィニティ / No,2033 週末クワイエット、もう3度目くらいのビル・エヴァンス。

ギターシンセサイザー使いNo,1、まさしく音の魔術師ジョン・アバークロンビー。

// John Abercrombie / Current Events / 1986年ジョン・アバークロンビー / カレント・イベンツ / No,1190 はい、ジョン・アバークロンビー続きます。このアルバムは、1986年。出だしのポップな音聴いて「このアルバムも、キーボードは、ヤン・ハマーかな?…