Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

アヴィシャイは、大のレッチリ・ファン。テル・アヴィヴ公演では共演も!

// Avishai Cohen / After the Big Rain / 2007年アヴィシャイ・コーエン / アフター・ザ・ビッグ・レイン / No,1266 ヴィジェイ・アイヤーは、強烈なので続けざまにやらないことに。先週は、アヴィシャイ・コーエンを続けてやったけど、今日のこのひとは同…

KINFOLKって、雑誌「KINFOLK」がつくった造語だよね。それだけ根付いてるってことかな。

// Nate Smith / Kinfolk: Postcards From Everywhere / 2017年ネイト・スミス / キンフォーク: ポストカード・フロム・エヴリホェア / N0,1029 はい、ピアノの俊英クリス・バワーズ参加シリーズ続いてます。オイラの大好きなドラマー ネイト・スミスのアルバ…

Rising Sun ではなくRising Son であることに、いま気づいた!

// Takuya Kuroda / Rising Son / 2014年黒田卓也 / ライジング・サン / No,1028 黒田卓也は、ホセ・ジェイムスのアルバムだけで自身のリーダーアルバムまだ紹介してないことに気づいた。Rising Son については以下の通り。 アルバムのタイトル「ライジング…

いまジャズは、世界からの人脈で活況

// Kenny Werner / Coalition / 2015年ケニー・ワーナー / コアリション / No.0061 ミゲル・ゼノンをもう一枚。こちらは、自作ではなく参加作品。ミンガス、アーチー・シェップ、トゥーツ・シールマンス、エディ・ゴメス等と共演してきたベテラン・ピアニスト…