Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

高橋信之介=シンバル ?! ドラムレスのバラッド集、リラックス順子姉さん / 週末クワイエット

Junko Onishi / Very Special / 2013年大西順子 / ベリー・スペシャル / No,1179 週末、コンフォート。エティエンヌ・シャルルからいったん離れる。順子姉さんの最新作。いいな〜これ。2枚同時発売の一枚、乗ってるな〜姉さん。

「サンシャイン・オブ・ユア・ラブ」には驚いた!

Junko Onishi / Fragile / 1999年大西順子 / フラジャイル / No,1141 いきなりの大西順子です。セオ・クロッカーの “ Afro Physicist ” でドラム叩いてたのは、カリーム・リギンズだけど、そういえば取り上げたことなかったなと。

順子ネエさんの復帰作!

Junko Onishi / Tea Times / No.0021大西順子 / ティー・タイムス / 2016年 狭間美帆つながりで大西順子。2012年引退を宣言し、ピアノまで売っぱらった順子ネエさん。日野皓正御大をはじめ、そうはさせませんよという声は大きかったんだね。3年を経ての復帰…