ジャズとその周辺音楽への旅

in the process of moving

Jeff Ballard

ケースの出し入れがめんどくさいCDだけどね / 月曜日のブラッド・メルドー

Metheny Mehldau / Pat Metheny, Brad Mehldau / 2006年メセニー・メルドー / パット・メセニー, ブラッド・メルドー / No,2059 さて、月曜日。ひさびさ大御所 ✕ 大御所の作品を。

7拍子、5拍子あたりまえ、彼のあたまには32分音符がふつうに流れてる。 by 挾間美帆

Guillermo Klein – Los Guachos / Carrera / 2019年ギジェルモ・クレイン – ロスガチョス / カレラ / No,2058 ギジェルモ・クレイン – ロスガチョス、もう一枚。

路地裏のオルケスタ、ラージ・アンサンブル界のトム・ウェイツ、ギジェルモ・クレイン – ロスガチョス

Guillermo Klein – Los Guachos / Cristal / 2019年ギジェルモ・クレイン – ロスガチョス / アチピコ / No,2057 きのう紹介のベルナルド・モンクは、アルゼンチンの人だったけど、アルゼンチンなら、この人を忘れてはいけない。

由紀さおり&安田祥子もびっくり!キレキレの高速スキャット / カミーユ・ベルトー

Camille Bertault / Pas De Géant / 2018年カミーユ・ベルトー / パ・ドゥ・ジアン / No,2014 きのう “ ザ・パッション・オブ・チャーリー・パーカー ” に力入っちゃったんで、今週は “ ザ・パッション...... ” のヴォーカリストたちの作品を紹介してみよう。

盟友、レベッカ・マーティンとギレルモ・クラインのコラボレーション、デュエットもあり / 週末クワイエット

ジャズのアルバム紹介。 静かな週末のための音楽、週末クワイエット。 盟友、レベッカ・マーティンとギレルモ・クラインのコラボレーション、デュエットもあり / 週末クワイエット Rebecca Martin&Guillermo Klein / The Upstate Project / 2017年 レベッカ…

ジャコ・パストリアスに影響を受け音楽を始めた by アヴィシャイ・コーエン

// Avishai Cohen / At Home / 2005年アヴィシャイ・コーエン / アット・ホーム / No,1258 月曜日、アヴィシャイ・コーエンにもどったよ。これは、前回紹介の “ Lyla ” の2年後。ジャケットの通り “ At Home ” ていうぐらいでくつろいだムード。

無名時代 食費にも困るカートをジョン・スコフィールド夫妻はプロモーションを手伝い、時に自宅へ食事に招いた。ジョン・スコええ人や、涙!

// Kurt Rosenwinkel / The Next Step / 2001年カート・ローゼンウィンケル / ザ・ネクスト・ステップ / No.1080 カート・ローゼンウィンケルもういっちょ!今度は同時期のリーダー作。これは皇帝カートの代名詞的作品といっていいかも。ジャズ・ギターに憧…

正月疲れのあなたに、サチモスも大好きなメルドーをどうぞ。

// Brad Mehldau Trio / Blues And Ballads / 2016年ブラッド・メルドー・トリオ / ブルース・アンド・バラッド / No,1011 メルドーもう一枚いっときます。きのう紹介「Seymour Reads the Constitution!」の 2年前の作品。タイトルからも分かるとおりブルー…

「役者のフィリップ・シーモア・ホフマンが私にアメリカ憲法を読んで聞かせているという夢を見た」by ブラッド・メルドー

// Brad Mehldau Trio / Seymour Reads the Constitution! / 2018年ブラッド・メルドー・トリオ / シーモア・リーズ・ザ・コンスティチューション / No,1010 変化球というか、かなりの曲玉が続いたので正統派を。現代ジャズを牽引するNo,1プレーヤー ブラッ…

オレは、ベースじゃなくてトランペットの “ アヴィシャイ・コーエン ” だからね!というアルバム

// Avishai Cohen / The Trumpet Player / No.0044アヴィシャイ・コーエン / ザ・トランペット・プレーヤー / 2003年 ポーランドの次は、イスラエル。イスラエルといえば、チック・コリアのバンドのベーシストとして名をあげ、いまや押しも押されもせぬ存在…

きょうも休日らしい一枚を、まさしくこのアルバムも旅

// Brad Mehldau / Highway Rider / N0.0012ブラッド・メルドー / ハイウェイ・ライダー / 2010年 No.011カート・ローゼンウィンケル / カイピ のような叙情詩、旅、ロードムービー、映像的な一枚といえば、こちら、ブラッド・メルドーの異色作。考えてみる…

暗いって言わないで〜!カートちゃんはマジメなの。

// Kurt Rosenwinkel / Deep Song / No.0008カート・ローゼンウィンケル / ディープ・ソング / 2005年 カート・ローゼンウィンケルをもう一発。もうね、好きすぎてどれを挙げようか迷う。 これは2005年カートが、ブラッド・メルドー&ジョシュア・レッドマン…

鹿児島JAZZフェスティバルで、大好きになったカート・ローゼンウィンケル!

// Kurt Rosenwinkel / Heartcore / No.0007カート・ローゼンウィンケル / ハートコア / 2003年 つい先月催された鹿児島JAZZフェスティバルで観て、 medium.comますます好きになったカート・ローゼンウィンケルだけど、