Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

世界の三大カーニバルは、リオ、ヴェネツィア、そしてエティエンヌの故郷のトリニダード・カーニバルだ!

// Etienne Charles / Carnival: The Sound of a People, Vol. 1 / 2019年エティエンヌ・シャルル / カーニバル:ザ・サウンド・オブ・ア・ピープル Vol. 1 / No,1181 月曜日、エティエンヌ・シャルル再び!ジャケット、タイトルにあるようにテーマはカーニ…

「タッチに液体のようなダイナミズムのあるピアニスト」by ニューヨーク・タイムズ

// James Francies / Flight / 2018年ジェームズ・フランシス / フライト / No.1105 きのう紹介のジェイミオ・ブラウン / ワークソングや以前紹介のスステフォン・ハリス / ソニック・クリードで kingt4nikola.hatenablog.com いいピアノ弾いてたジェームズ…

山形県民謡「紅花摘み唄」が Jaimeo Brownの手で、かくも美しい鎮魂歌に !!! 必聴。

// Jaimeo Brown - Transcendence / Worksongs / 2016年ジェイミオ・ブラウン-トランスセンデンス / ワークソングス / No.1104 ジェイミオ・ブラウン、ドラマーです。おもしろいアルバムを発見したので、ぜひ皆さんにも聴いてほしい。このアルバムは、ピアノ…

コンテンポラリーでも踊れるんです!ステフォン・ハリス最新作。

// Stefon Harris & Blackout / Sonic Creed / 2018年ステフォン・ハリス & ブラックアウト / ソニック・クリード / No.1091 ステフォン・ハリスもう一発、最新作。いいですよ、このアルバム。ただし、ステフォン・ハリスのアルバムは、いつもジャケットと内…

何か新しい音楽を創造したとしても、それは必ず過去の作品からの影響から逃れられない。by マーカス・ストリックランド

// Marcus Strickland Twi-Life / Nihil Novi / 2016年マーカス・ストリックランド・ツイ-ライフ / ニヒル・ノウィ / No.1071 先日のデビッド・ギルモア 「Energies Of Change」で、素晴らしいプレイをしているマーカス・ストリックランド。サックスというか…