Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

この頃のウィントン・マルサリスは、まさに “ 台風の目 ” だったのかも。

// Herbie Hancock / Quartet / 1982年ハービー・ハンコック / カルテット / No,1226鹿児島ジャズフェスティバル特集は、ひと休み。台風、みなさん気をつけてね。

新しい時代の幕開けに、おめでたげなアルバムを!

// Blue Note All-stars / Our Point Of View / 2019年ブルー・ノート・オールスターズ / アワ・ポイント・オブ・ユウ / No,1119 昨日同様、新しい年号のはじまりにふさわしいアルバムを、と思ったけど、それらしいものは思いつかない。ということで、平成に…

“ 突撃 ” ぼくらは「ワープ・スピード」に突入した。by マイク・クラーク

// Herbie Hancock / Thrust / 1974年ハービー・ハンコック / スラスト / No,1059 はい、マイルス・デイビス&フェンダー・ローズつながりで、こんどはハービー・ハンコックを一枚。ま、前回マイルス「 Miles In The Sky 」もハンコックでしたけどね。このア…

びびったかベンソン、ボスからその後お呼びはかからず。

// Miles Davis / Miles In The Sky / 1968年マイルス・デイビス / マイルス・イン・ザ・スカイ / No,1058 きのう、楽器 Fender Rhodes にちょっと熱くなってしまったついでに、ローズ繋がりでちょっといってみたい。ジャズにエレクトロニック楽器を持ち込ん…

それじゃあ現代の「ビッチェズ・ブリュー」は何 ?!「オマエは、もう死んでいる」

// Flying Lotus / You're Dead! / 2014年フライング・ロータス / ユー・アー・デッド! / No,1009 「The 1975 / ネット上の人間関係についての簡単な調査」が、「OK コンピューター」級の傑作ということを昨日書いた。それじゃあ、「ビッチェズ・ブリュー」…

謹賀新年!オイラの新年は、いつも「処女航海」で始まる。

// Robert Glasper / In My Element / 2007年ロバート・グラスパー / イン・マイ・エレメント / No.1001 タイトルに書いたとおり、毎年元旦1発目は、ハービー・ハンコックの「Maiden Voyage」を聴くことにしている。えも言われぬ緊張感と美しさ、そして曲の…

ジョー・ヘンダーソンか〜! 2枚くらいしか聴いてなかったな

// Joe Henderson / Power to the People / 1969年ジョー・ヘンダーソン / パワー・トゥ・ザ・ピープル / No.0065 ロバート・グラスパー R+R=NOWから、いきなり1969年ジョー・ヘンダーソンかよ!とお思いでしょうが、じつは今年の「東京 JAZZ Festival」でこ…

1968年といえば、オイラが「森トンカツ〜」って歌ってた頃や。

// Miles Davis / Nefertiti / 1968年マイルス・デイビス / ネフェルティティ / No.0054 ジェリー・ゴンザレスの「Nefertiti」を聴いたところで、本家のマイルス盤を聴いてみよう。 ちょっと驚く。「Nefertiti」この曲マイルスは、ほとんどテーマしか吹いて…

ジョン・スコ!この名盤でも、いい仕事してます

// Herbie Hancock / The New Standard / No.0032ハービー・ハンコック / ザ・ニュー・スタンダード / 1996年 気がつくとこのブログ、開設から1ヶ月を経過しているではないか!おめでとう!ありがとう!なんのこっちゃ。次は目指せ2ヶ月(小さなことからこつ…

もうどうにかしてるドラム、このアルバムで時代が変わった!クリス・デイブ脱線編トニー・ウィリアムス

// Miles Davis / “ Four ” and More / No.0015 マイルス・デイヴィス / フォア・アンド・モア / 1966年 クリス・デイブ脱線編前回、ケニー・ギャレット / スタンダード・オブ・ランゲージ でクリスのドラムが、まるでトニー・ウィリアムスだと書いたら、ひ…