Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

コンテンポラリーへの船出、クリスチャン・サンズ。ベーシスト中村恭士も活躍!

// Christian Sands / Reach / 2017年クリスチャン・サンズ / リーチ / No,1240誕生日は、あっというまに過ぎる。クリスチャン・サンズに戻るよ。2017年、サンズがついに、これまでのオーセンティックなジャズ路線から、自作メインの活動に舵を切ったアルバ…

もうね、これスゴいよ!この夏いち押し、怒濤のポリリズム天国!

// Godwin Louis / Global / 2019年ゴドウィン・ルイス / グローバル / No,1202 さて月曜日、濃い〜ところいくよ!このジャケットを見てくれ。悪い予感しかしない、この人大丈夫なのか ?!

チャイコフスキーの<四季>にインスパイアされた作品、ベン・ウェンデル “ Seasons ” !

// Ben Wendel / Seasons / 2018年ベン・ウェンデル / シーズンズ / No,1161 ギラッド・ヘクセルマン繋がり、もう一枚。サックスのベン・ウェンデル最新作。シーズンズというタイトル、全12曲、1月から12月までが曲タイトルになっている。ジャケットの通り、…

それにしても “ Amazing Grace ” は、あの曲にクリソツ。「 Do you have a HONDA?」

// John Raymond / Real Feels / 2016年ジョン・レイモンド / リアル・フィールズ / No,1160 ギラッド・ヘクセルマン参加アルバムをもう一枚。ジョン・レイモンドは、ミネアポリス育ちのフリューゲル・ホルン奏者。そして、このアルバムは、ヘクセルマンのギ…

顔芸か!てくらい懸命な表情で叩くのが楽しいアリ・ホーニング!

// Ari Hoenig / Bert's Playground / 2000年アリ・ホーニング / バート・プレイグラウンド / No,1159 ジョエル・フラーム以来、めずらしくメインストリームなところ走ってます。ギラッド・ヘクセルマン繋がりで、顔芸か!てくらい懸命な表情で叩くのが楽し…

なんせこの人、12歳の時から仕事してるから。イスラエルに労働基準監督署はないのか!

// Gilad Hekselman / Words Unspoken / 2008年ギラッド・ヘクセルマン / ワーズ・アンスポークン / No,1156 さて、昨日のサックス、ジョエル・フラームが参加してるアルバムで、いいやつがあった。ギラッド・ヘクセルマン2008年のアルバム “ Words Unspoken…

オープニング曲は、ミルトン・ナシメントの傑作「Lilia」。ウエイン・ショーターが「ネイティヴ・ダンサー」で彼と共演した曲。

// Anat Cohen / Luminosa / 2015年アナット・コーエン / ルミノーザ / No,1045 ジェイソン・リンドナー参加作品をもう一枚。ご存じイスラエル出身コーエン3兄姉、アナット・コーエン。クラリネット、サックスなどのマルチ奏者。タイトルから分かるとおりブ…

みんなそっち ?! 気持ちは分かる、ブラジルへゆくがいいさ!

// Gilad Hekselman / Ask For Chaos / 2018年ギラッド・ヘクセルマン / アスク・フォー・カオス / No.0051 ギラッド・ヘクセルマンをもう一枚。これは最新作。 ギラッド・ヘクセルマン、自らのレーベルを立ち上げた攻めの一作!オーソドックスなフォーメー…

マーク・ターナーは自作ではない方が輝く! 暴言 by オイラ

// Gilad Hekselman / Hearts Wide Open / No.0050ギラッド・ヘクセルマン / ハート・ワイド・オープン / 2011年 はい、またもやイスラエル勢です。ギラッド・ヘクセルマンは、 地元の名門テルマ・イエリン芸術学校を卒業後21歳で渡米、ニューヨークデビュー…