Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

テイラー・アイグスティ動画編!鹿児島ジャズフェスティバル2019 直前特集 Vol.013

// Taylor Eigsti Trio / Play With Me / 2016年テイラー・アイグスティ・トリオ / プレイ・ウイズ・ミー / No,1246 Taylor Eigsti Trio - "Play With Me"昨日と同じメンツで、 “ プレイ・ウイズ・ミー” 。Taylor Eigsti Trio Taylor Eigsti (piano) Eric Ha…

テイラー・アイグスティ動画!鹿児島ジャズフェスティバル2019 直前特集 Vol.012

// Taylor Eigsti Trio / Caravan / 2016年テイラー・アイグスティ・トリオ / キャラバン / No,1245 Caravan - Taylor Eigsti Trio (Live at Stanford) Taylor Eigsti Trio Featuring: Taylor Eigsti (piano) Eric Harland (drums) Harish Raghavan (bass)↑↑↑…

祝!テイラー・アイグスティ様、鹿児島降臨!鹿児島ジャズフェスティバル2019 特集 Vol.001

// Taylor Eigsti / Let It Come to You / 2008年テイラー・アイグスティ / レット・イット・カム・トゥ・ユウ / No,1212あっという間に8月。唐突だけど、“ 鹿児島ジャズフェスティバル ” が今年も近づいてきた。昨年度の大目玉は言わずと知れた “ カート・…

チャイコフスキーの<四季>にインスパイアされた作品、ベン・ウェンデル “ Seasons ” !

// Ben Wendel / Seasons / 2018年ベン・ウェンデル / シーズンズ / No,1161 ギラッド・ヘクセルマン繋がり、もう一枚。サックスのベン・ウェンデル最新作。シーズンズというタイトル、全12曲、1月から12月までが曲タイトルになっている。ジャケットの通り、…

“ Planetary Prince ” が SIXPADなら、こちらはオムロン低周波治療器 ?!

// Philip Dizack / Single Soul / 2013年フィリップ・ディザック / シングル・ソウル / No,1134 キャメロン・グレイブスのアルバムでトランペット吹きまくってたフィリップ・ディザック2013年のリーダー2枚目のアルバム。

ダウンビート誌、2010年ライジングスター、ボーカル部門、サシャル・ヴァサンダニ / 週末コンフォート

// Sachal Vasandani / Shadow Train / 2018年サシャル・ヴァサンダニ / シャドウ・トレイン / No,1129 本日は、週末コンフォート。たまには男性ヴォーカルをお届けしましょ。このアルバムは、ドラマーのエリック・ハーランドの参加アルバムを掘ってって見つ…

「いまの自分は、彼女がベースになっている」by ホセ・ジェイムス / 週末クワイエット

// José James /Yesterday I Had The Blues : The Music Of Billie Holiday / 2015年ホセ・ジェイムス / イエスタデイ・アイ・ハド・ザ・ブルース / No,1115 きょうから10連休!(オイラは通常どおりのシフト)週末クワイエットですが、エリック・ハーランド…

“ ブラック・レディオ ” より2年も早いよ、このアルバム !!!

// Taylor Eigsti / Daylight at Midnight / 2010年テイラー・アイグスティ / デイライト・アット・ミッドナイト / No.1114 これまた、エリック・ハーランド続き。エリック・ハーランド / ボイジャーでいい仕事してたピアノのテイラー・アイグスティのリーダ…

2曲目イントロで、ささやくような「テゲテゲじゃ〜!」の声、確かに聴こえる!

// Eric Harland / Vipassana / 2014年エリック・ハーランド / ヴィパッサナー / No.1112 さて、エリック・ハーランドのリーダー・バンド “ ボイジャー ” のお待ちかねの2枚目。これがまた、また、傑作!“ ボイジャー ” 1作目の路線をみんなが期待したはず。…

「クリス・ポッターは、地球上、最も研究され、そして模倣されたサキソフォン奏者」by ダウンビート誌

// Chris Potter / The Sirens / 2013年クリス・ポッター / ザ・セイレーン / No.1111 エリック・ハーランド・シリーズ続きます。これは、サックスのクリス・ポッター、ECMからの作品。 “ Sirens ” はサイレンでも試練でもなく海の精霊セイレーン。このアル…

ケヴィン・ユーバンクスって誰 ?! 全然知らなかった、動画必見 !!!

// Dave Holland / Prism / 2013年デイブ・ホランド / プリズム / No.1110 はい月曜日、エリック・ハーランド続けます。これは、御大デイブ・ホランド2013年の作品。マイルスの「イン・ア・サイレント・ウェイ」や「ビッチェズ・ブリュー」で有名なベーシス…

なんと、エリック・ハーランドがピアノ弾いてる曲があるよ !!!

// Charles Lloyd / Sangam / 2006年チャールス・ロイド / サンガム / No.1108 エリック・ハーランドを追っかけてます。2006年、チャールス・ロイドの作品。チャールス・ロイドは、キース・ジャレット、そしてミシェル・ペトルチアーニとのカルテットで活躍…

名門マンハッタン・スクール・オブ・ミュージックでクラシック音楽の学士号およびジャズパフォーマンスの修士号を取得!

// Stefon Harris / Black Action Figure / 1999年ステフォン・ハリス / ブラック・アクション・フィギュア / No.1107 ドラムマーのエリック・ハーランドのキャリアを追っかけて1999年にジャンプ!26歳、ステフォン・ハリスのリーダー2作目。この時、エリッ…

これ聴くとエリック・ハーランが「No.1ジャズ・ドラマー」と言われるのがわかる。

// Eric Harland / Voyager Live By Night / 2010年エリック・ハーランド / ボイジャー・ライブ ・バイ・ナイト / No.1087 昨日触れたドラマー エリック・ハーランドのリーダー作、パリでのライブ盤。ライブの熱がダイレクトに来ます!いきなり鳥肌、たたみ…

13歳でワシントン大学に早期入学し、数学、コンピューター科学、音楽を専攻。ホンマもんの天才!

// Aaron Parks / Invisible Cinema / 2013年アーロン・パークス / インヴィジビル・シネマ / No.1084 10歳から家にあったピアノを弾き始め、14歳の時に参加したジャズのワークショップで音楽の才能が認められ、16歳でマンハッタン音楽院に編入、初リーダー…

爆音で View from Moscow サイコー !!!

// Kurt Rosenwinkel / The Remedy : Live at the Village Vanguard / No.0048カート・ローゼンウィンケル / ゼ・リメディ : ライブ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード / 2013年 それじゃあ、カミさんが出かけた後は何を聴くかというと、例えばこれ「The Re…

あたし、4ビート叩いても凄いんです!クリス・デイブ第2弾

// Kenny Garrett / Standard of Language / No.0014ケニー・ギャレット / スタンダード・オブ・ランゲージ / 2003年 ケニー・ギャレットとの共演作3枚目。前回紹介した「Simply Said / シンプリー・セッド」の次には、「Happy People / ハッピー・ピープル」…