Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

ヒップホップ+スピリチュアル・ジャズ+ビート・ミュージック = 現代の “ アガルタ ”

Makaya Mccraven / Universal Beings / 2018年マカヤ・マクレヴン / ユニバーサル・ビーイングス / No,1209ジョエル・ロス参加作をもう一枚。これはまた、毛色の変わったマカヤ・マクレヴンのアルバム。マカヤ・マクレヴンは、ドラマーにしてビート・メーカ…

正統派、メインストリームど真ん中、これぞNYサウンド 。 ヴィクター・グールドの2作目。

Victor Gould / Earthlings / 2018年ヴィクター・グールド / アースリングス / No,1204ヴィクター・グールドもう一枚。やはり、サックスのゴドウィン・ルイス参加作品。前作に比べて、おとなしめのジャケット。オーセンティックなジャズアルバムの雰囲気を狙…