Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

ケンドリック・スコット・オラクルの最高到達点!鹿児島ジャズフェスティバル2019 特集 Vol.005

Kendrick Scott Oracle / A Wall becomes A Bridge / 2019年ケンドリック・スコット・オラクル / ア・ウォール・ビカムズ・ア・ブリッジ / No,1218 鹿児島ジャズフェスティバルに来鹿が決まっているピアニスト、テイラー・アイグスティ参加グループ “ ケンド…

新しい時代の幕開けに、おめでたげなアルバムを!

Blue Note All-stars / Our Point Of View / 2019年ブルー・ノート・オールスターズ / アワ・ポイント・オブ・ユウ / No,1119 昨日同様、新しい年号のはじまりにふさわしいアルバムを、と思ったけど、それらしいものは思いつかない。ということで、平成にも…

東日本大震災チャリティアルバム「 HOME」の制作も、この人です。 / GWコンフォート

Gretchen Parlato / The Lost and Found / 2011年グレッチェン・パーラト / ザ・ロスト・アンド・ファウンド / No,1117 GWまっただ中(オイラは仕事!)なので毎日が週末みたいなもの。ということで、しばらくはGWコンフォート。リラックス、コンフォート&…

ジャケット以外はとても素敵な一枚。

Stefon Harris / African Tarantella / 2006年ステフォン・ハリス / アフリカン・タランチュラ / No.0068 デリク・ホッジの参加アルバムで、おもしろいヤツを一枚。ステフォン・ハリス「African Tarantella」。デリク・ホッジらしさは特に感じないけど、アル…

わが家の定番、プレーヤー廻りにいつも置いてあるCD

Derrick Hodge / Live Today / 2013年デリク・ホッジ / リヴ・トゥデイ / No.0067 続いてはわが家の定番アルバム、デリク・ホッジ 「Live Today」。デリク・ホッジは、ロバート・グラスパーの相棒と言ってもいいくらい信頼の厚いベーシスト。なんせグラスパ…

なんだかんだで、今年はグラスパー周辺をよく聴いた

R+R=NOW / Collagically Speaking / 2018年R+R=NOW / コラージカリー・スピーキング / No.0064 もうそろそろいいかな、唐突に2018年のまとめに入るけど、なんだかんだで今年はロバート・グラスパーとその周辺の人たちをよく聴いた。グラスパーは、昨年公開さ…